スティーブン・スピルバーグは学習障害だった

つい気になっちゃったネタ

A0001840-00

 

映画監督で超有名なスティーブン・スピルバーグ氏(65)が、

自分には学習障害があり、それが原因で子ども時代には、

いじめられていたとインタビューで告白していました。

スティーブンスピルバーグ氏が公表した障害はは、

読み書きが困難になる 「ディスレクシア」と呼ばれる障害で、

5年前に初めて診断され「自分についての大きな謎が解けた」という。

 

小学生の時は読み書きのレベルが同級生より2年遅れ、

「3年生のころはクラスの前で読むことを求められるのがイヤで、

とにかく学校へ行きたくなかった」

「先生も心配してくれたが学習障害についての知識もない時代で、

十分に勉強していないと思われた」と打ち明けた。

 

今でも本や脚本を読むのに多くの人の倍近く時間がかかるそうです。

また学習障害がきっかけでからかわれ、イジメられたこともあったと話しています。

「中学時代が一番つらかった。他人の立場から自分を見ることがまだできない

子どもは本当にきつく嫌なことをする。

今は理解できるし恨みもないが大変だった」と話していました。

 

一方で「自分が被害者と思ったことは一度もない。

映画づくりが負わなくていい重みから私を救ってくれた」とも述べ、

10代初めから撮り始めた8ミリ映画が支えになったと話していました。

 

というちょっと驚きのニュースでありました。

それにしても、イジメられたことを恨んでもいないし、

理解できるといえるのは、中々言えるものではないなぁと思います。

 

コメント