体内に生息するカビの恐怖

 

人体で増殖するカビの存在として皮膚など体の表面に、

とりつく水虫(白癬菌)がよく知られていますが、

しかし驚いたことに体の表面にとりつくだけにとどまらず、

なんと体のなかに入り込んで悪さをするカビもいるんです(-_-;)

 

肺にカビが生えるという症例は結構あり、

なかでも『アスペルギルス』という種類のカビは、

日本を含めて世界中で感染例が多いカビで、胞子が肺で成長・増殖すると

発熱、せき、血痰などの症状が出ます。

 

また吸い込むだけでなく、このカビの仲間が作りだす毒である

『アフラトキシン』を食品から摂取するのも非常に危険です。

毒性はフグ毒より強く、短期的には急性肝炎の原因に、

長期的には肝臓ガンの原因になります。

輸入ナッツ類から検出されることが多いので、

検疫では非常に厳しいチェックを受けているようですが・・・。

 

ほかにも『カンジダ』などが臓器に感染することがあるらしいです。

ただ、これら体内に巣くうカビはガンの化学療法を受けている人や白血病の人、

つまり免疫力が非常に低い状態の人にしか感染しないので、

健康体でいるうちは内臓がカビにやられるなんてことはないそうです。

 

ただし例外もあって、日本で健康な人も感染しうる唯一のカビに、

『クリプトコッカス・ネオフォルマンス』というものがいて、

ハトの糞に存在することの多いカビです。

まず胞子を吸い込んだ人の肺にとりつき肺炎を起こし、

さらに3~5割の確率で脳に入り込みマヒ、震え、痛みなど、

髄膜炎や脳炎の症状を起こす恐れもあるそうな・・・。

脳みそがカビに侵されたら・・・恐るべしカビ(-_-;)  

 

コメント