ドラムな音楽な人生~

レッスンが進まないの巻

2015/11/10

tin

 

とある小学校の吹奏楽部に月2回ほど、打楽器のレッスンにいっているのですが、

先日行った時に生徒の親御さんたちも見学に来ていて、非常に疲れました(笑)

自分も親をやっていますが、よくもまぁそこまでっていうくらい

熱心というかなんというか・・・

まぁ、あまり過保護すぎるのもどうかと思いますね。

心配なのも分かりますけどね。

 

高学年になったら、ある程度の距離を取ってあげるのも必要だと思います。

みんなの前で出来なかったり失敗したりすると、

いちいち口を挟む親御さんいますけど、それはやめたほうがいいですよ。

なんていうか「レッスンが進まん!! 」

いやもとい・・・(-_-;) 子供が傷つきますから。

 

失敗したり上手くいったりと色々感じて考えながら、

成長していきますからね。それを邪魔しちゃいけません。

と、このような親もいれば。

 

集中力のない子もいるしちょっと失敗したくらいで、

泣き出して親の元へ泣きつく子供・・・このような子もいる。

まぁ低学年なら若干わかる気もするんですが、

それが高学年だとね「えっ?」って思ったりもします。

 

なんかね思うわけですよ。

「レッスンが進まんて・・・」いやもとい(-_-;)

家では一体どう接して、どういういうこと教えてんのかなぁって。

これじゃあね学校の先生も大変だわなぁと思いますよ(^^;)

 

親って最初から親を出来るわけじゃありませんから、

子供が出来て子供と接しながら、親として成長していくんだと思うんです。

つまりは子供の成長と一緒に進んでいくと思うんですよね。

 

でも成長しない親も中にはいるんですね。

子供に偉そうな事ばかり言ってないで、

たまには自分自身も見直してみてはいかがでしょうか?

 

中身のない事をどれだけ言っても子供には絶対伝わりませんよ。

親も成長しないと、子供もただ図体ばかりがデカくなって中身は成長しませんから。

私の考えはちょっと古いのかな?

まぁ色々とね思ったわけですよ。

取りあえずはレッスンの邪魔はやめてください(笑)

 

-ドラムな音楽な人生~
-, , ,