心地よい音を出すためには認識できる耳が必要

ドラムな音楽な人生~

ドラムは叩く楽器ですが、ただ叩けばいいってもんでもありません。

叩く楽器だからこそ、他の楽器よりも「繊細な音を出す」という事に

意識を向けるのが大事だと思います。

 

ドラム演奏で良い音を出すには、スティックコントロールは大前提です。

しかしテクニックだけがあっても、それを最大限に活かせるような

音作りができないと雑音にしか聞こえません。

 

「チューニング」や「スティックが打面にヒットする場所」、「リラックスした状態」

そして「強弱」等にも、常に意識しながら練習に取り入れていく事で、

心地よい音を出せるドラム演奏ができるようになります。

 

また心地よい音かどうかという「認識できる耳」も持ち合わせないといけません。

「認識できる耳」がないと、自分の音が「キレイなのか」「キタナイのか」

すらも分からないまま、聴き手に聴かせてしまう事になります。

 

「認識できる耳」を持つには、ただひたすら超一流のプレイヤーの

素晴らしい演奏を聴いていれば、自然と耳が肥えてきます。

またジャンルに囚われず様々な音楽を聴くことで、良い耳が出来上がり、

音楽表現もより豊かになります。

 

コメント