スネアやドラムのヘッドを交換する頻度

ドラムな音楽な人生~

REMO

 

スポンサーリンク

スネアやドラムのヘッドを交換する頻度はどれくらいなのか

という事をレッスンの生徒さんから聞かれたので、

ここでもちょっとシェアします~。

 

とは言っても・・・・・まぁ、ハッキリ言ってマチマチです(笑)

特に決まっておらず「ヘッドが傷んだら」「お金に余裕があれば」

「気分で」とは言ってません(^^;)

まぁいわゆる「ヘッドのダメージを感じたら」という模範回答をしました(笑)

 

ダメージといっても色々で「ヘッドが破れた」「ボコボコ凹んでいる」

という状態の場合は問答無用で交換ですね。

ただ特にスネアの場合、コーティングヘッド(ザラザラしている)を、

用いることが多いと思いますが、このザラザラコーティングが剥がれて、

すぐに交換する人や、剥がれても使い続ける人など、

その人によって目安は変わってきますね。ちなみに私は後者です。

 

私はオーティングヘッドを買ったばかりの時は、

わざとブラシでコーティングを薄くします。

ザラザラが適度なミュートになって良いという人もいますが、

私はあまり好きじゃないんです。また新品ヘッドでブラシをすると

ブラシの通りが悪くて、やはりあまり好きではありません(笑)

 

なので初めのうちに少し薄くしちゃいます。

後は使っていくうちにヘッドがタイコに馴染んでくるので、

「もう限界かなぁ」というくらいまでは交換しません。

 

私の限界ラインは見た目の凹み、ヘッドが伸びていている事や、

チューニングをしても音色が、安定しなくなった場合などを目安にしています。

スネア以外のタイコヘッドについては、ザラザラは取りませんが、

それ以外では基本的に交換目安は同じです。

 

ヘッドをずっと張った状態でいると、

素材も薄いプラスチックフィルムなので、

やはり少しずつ伸びてきます。

特にスネアサイド(裏のヘッド)は・・・・。

なのでその辺の状態も見ながらですね~♪ 

コメント