シンバルを磨くか磨かないかで悩む

ドラムな音楽な人生~

cym1

スポンサーリンク

シンバルは磨く?磨かない?

シンバルを持っている人は、 「磨くか磨かないか」で悩んだことありませんか?

私は、いまだに結構悩む方です(笑)

 

買ったばかりのピカピカなシンバルって、

見た目の通り音もキラキラしているように感じます。

なので買ってすぐにペタペタとシンバルを触って、

キラキラ感を抑えようという人もいます。

 

手には汗や脂などの汚れがついているので、シンバルを触るとすぐに汚れます。

でもその汚れが、絶妙なミュート感になったりするわけです。

 

さて私の場合はというと・・・・

キラキラ感は嫌なのですが、あまり汚れているのも好きじゃないので、

買ったばかりのシンバルをペタペタと触ったりはしません(笑)

 

一時期シンバルはきれいな状態がいいと思って、

シンバル磨きで磨いたことがあるのですが、

シンバル磨き専用のクリーナーには研磨剤が入っているんですよね。

確かにキレイにはなるのですが、何となく色落ちしたような感じと、

さらに簡単にロゴも取れてしまいました・・・。

 

私ジルジャンが好きなんですけど、ジルジャンのロゴも結構好きなんです。

だから字が消えた時は結構凹みました(笑)

それ以来クリーナーは使っておらず・・・・。

今は使用後のシンバルは、柔らかい布で軽く拭く程度にしています。

なのでこびり付いた汚れとでも言いましょうか。手の後は残っています(笑)

 

好みなんでしょうけどシンバルは使い込んで、

多少汚れている方が良い音がするなぁと思います。

何でも使い続けていくことで、段々といい味が出て来ますよね。

ようするに「イカのするめ」と同じです。

噛めば噛むほど旨味が出るみたいな(笑)

ただ消耗品でもあるので、心を込めて大事に使っていかなきゃダメですね♪  

コメント