ヴィニーカリウタのドラムセットもシンバルもいつの間にか変わっていた

ドラムな音楽な人生~

 

なんと驚いたことに、世界最強のドラマー「ヴィニーカリウタ」のシンバルが

いつの間にかジルジャンからパイステに変わっていました。

そして更にドラムセットも長年のグレッチから、ラディックに変わっていました(笑)

どうやら結構前から変わっていたらしいですね(^^;)

 

今まで契約をしていたジルジャンは、Aカスタムという種類のシンバルを

ヴィニーカリウタとの共同開発で作っており、柔らかなタッチとサスティーン、

見た目のキラキラ感がとても印象的なシンバルです。

グレッチは老舗のドラムメーカーで、ヴィニーカリウタの

シグネイチャーモデルまで出している関係でした。

 

普通に考えると音に飽きたのか、契約上のトラブルかなんかでしょうね。

ヴィニーカリウタは新しく契約したパイステのHPで、

「純粋にパイステFormula 602のシリーズの音が気に入った」と語っております。

本人が「そうだ」と言ったらその通りなのですね。

おそらくドラムセットもそうなのでしょうね。

 

何だかヴィニーさんなので、いつの間にか元に戻る事もありそうです。

それにしてもシンバルがパイステとは意外でした。

これを機にジルジャンのAカスタムが、無くなるってことはないですよね・・・。

Aカスタムは好きなので、無くなると困ります。

 

コメント