久々にスタジオで個人練習する時の失敗例

ドラムな音楽な人生~

仕事が忙しかったりすると、中々、自分の練習時間というのが作れません。

特にドラマーの場合は、「楽器を使った家での練習」をしたくても、

それができない場合が多く、スタジオへ行かないと練習できません。

 

ですからスタジオへ入れる時間が出来ると、つい心は高揚し「あれもしよう」

「これもしよう」と、普段出来ない事を色々とやりたいと思うのですが、

でもいざスタジオに入ってみると、思っていたほどの事ができず、

充実感も得られずという事がよくあります。これはよくありがちな失敗例です。

 

普段できないドラムを久々に始めるのですから、身体は鈍っています。

そのような状態で、自分の色々とやりたいという思考に当然、身体がついていかないのです。

こうなると「なんだか上手くいかない」という負の思考が出てくるので、

どんどん悪循環となり、有効的な練習ができなくなります。

 

ですから「あれもこれも」ではなく、「今日はこれだけをやろう」と時間の限り出来る事を、

一つや二つくらいに絞った方が良いです。またなるべく身体が鈍らないように、

普段から家で出来る限りのことをやっておくのも大事です。

 

スタジオに入っている時間って、おおよそ2時間くらいではないでしょうか。

練習は長くやればいいってもんでもありません。

人間の集中力というのは限られていますから、適度に休憩を入れても

2時間~3時間くらいが妥当のような気がします。

 

私の場合は仕事の合間でしか入れないので、スタジオは2時間です。

その中でウォーミングアップだけでも30分~1時間かかる場合もあります。

(ウォーミングアップもかなりの練習にはなります)

そして優先順位の高いものを練習しても、残り1時間では足りない事の方が多いです。

でも「足りない」と思うくらいの方が、集中力が高まって良い場合もあります。

 

バンド練習も楽しいですが、一人でスタジオにこもって練習するのもとても楽しいです。

誰にも気を遣うことなく文句も言われることもなく、ただドラムと向かい合える。

普段のバンド練習ではまずやらない事も、ここでは好きにできるわけです。

 

せっかくの貴重な時間を無駄にしないためにも、

練習内容は明確にしておいた方が良いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました