バンドメンバー募集と音楽性の違いを考察

ドラムな音楽な人生~

bc41fb3d

 

スポンサーリンク

昔と今のメンバー募集の違い

一昔前のバンドメンバー募集といえば、スタジオや楽器屋、ライブハウス等の壁に、

メンバー募集の紙を貼らせてもらって募集するのが主流でしたが、

今ではインターネットを使ったネット掲示板や、メン募専用のサイトなどが

もっぱらの主流となっており、壁にメン募の紙を貼っているのは少なくなりました。

 

ただ基本的な募集の仕組みは同じで、募集かける→連絡もらう→会って話す

→セッション→加入?みたいなスタイルは今も変わりません。

 

「会って話す→セッション」は、一度にやる事もありますね。

会って色々話すより、いきなり音出した方が相手の事もよく分かるし、

自分の事も伝えられますよね。特に話下手には一番いい方法です(笑)

 

ちなみに経験上、会って話だけをしてバンドに加入する人は、

そのご連絡が途絶えるか、すぐに辞めちゃう人が多いです。

なので初めまして同士で音を出す方が、わりと長持ちします。

 

音楽性の違いで辞めるって?

 バンド解散やメンバーーの脱退理由のNo1に輝くのが、「音楽性の違い」という

理由ですが、そもそも「音楽性の違い」は理由にすらなりません。

 

だって元々別々の人間同士なのですから、音楽性は違って当たり前なんですよ。

音楽性の違う者同士が、相手の自分の持っていない部分に惹かれて、

一緒に音楽をやっているのです。だから色んなものが生まれるんですね。

 

この「音楽性」っていう言葉は範囲は広すぎるし、

何でも曖昧にまとめてしまうから癖ものですね(笑)

 

音楽性が近い人はいても同じ人というのはいません。

同じバンドが好きでも、そのバンドの曲が全て好きな人もいれば、

そうでもない人もいるわけですよね。

しかしそれでも、一緒にバンドを始めているわけですよ。

 

だから何でも一括りに「音楽性の違い」という言葉を使って、

辞める理由にするのは私個人的には好きではありません。

正直に「バンドが嫌になった」「面倒くさくなった」「他から声が掛かった」

「面白くなくなった」「人間関係が上手くいかなくなった」など言うべきです。

 

「音楽性の違い」っていう方がカッコ良いと思っているのか・・・。 

たいがいの辞める本当の理由は人間関係です。

みんな、それを素直に言えないんですよね・・・・  

 

コメント