スティーブガッドのCrazy Army

ドラムな音楽な人生~

crazyarmy

 

せっかくのお盆、天気が悪くていま一つですな・・・。後半戦は天気良いかな~?

スポンサーリンク

スティーブガッドのCrazy Army

ドラムの神様とまで称されるスティーブガッドに、

影響を受けたドラマーは少なくありません。

かのデイブウェックルやヴィニーカリウタなども、

スティーブガットの事はとても敬愛しています。

 

またドラマーだけじゃなく様々なアーティストからも、

絶大の尊敬と信頼を集めています。

テクニックもさることながら、タイム感、音質など、

どれをとっても真似できない何かがあります。

 

そんなスティーブガッドも最近のドラムでは、「シンプルイズベスト」なので、

初めてスティーブガッドを見る人はきっとどこがすごいのか、

よく分からないのではないでしょうか?

まぁこのシンプルというのを、そつなくこなすのが、

実は非常に難しくて一番すごい事なのですが・・・・。

 

スティーブガッドには、数々の名演奏や武勇伝があるのですが、

私はその中でも「Crazy Army(クレイジーアーミー)」が一番好きです♪

 

クレイジーアーミーとは元々マーチングドラムの、教則本の練習曲なのですが、

スティーブガッドがドラムソロで始めたんです。

 

★こちらがマーチングバージョン♪

 

★こちらがスティーブガッドバージョン♪

 

このクレイジーアーミーを何回かやった後に、ハットとスネアを絡めたソロや

お馴染みのタム回し、そしてカウベルを使った「モザンビーク」の

リズムソロなどに発展していくのですが、これがまた、非常にカッコよくて!!!

僕の心を非常にくすぐります♪

 

凄いテクニシャンだし、すごい技をたくさん持っているのですが、

このマーチングからラテンソロに発展していくのが、いかにも

一番スティーブガッドらしいと感じます。

私自身が「マーチングが非常に好きなので、特に共感を感じるのかもしれません。

 

昔この「クレイジーアーミー」を猛烈に練習して、叩けるようになっていたのですが、

自身のソロでは一度も実践した事がありません(笑)

だって、あまりにもスティブガッドのイメージが強いから、

「あっ!あいつ、ガッドフリークだな」って思われたら

恥ずかしいじゃないですか(笑)

 

だから個人連などの時に、一人酔いしれていました(^^;)

今は、全然できなくなっちゃいましたけど・・・(◎_◎;)

コメント