カホンはパーカッションの部類なのかな?

ドラムな音楽な人生~

 

今ではカホンって、誰でも知ってる!?お馴染な楽器ですよね。

街中を歩いていても、見渡す限りカホンばかりとはいきませんが、

カホン率はかなり高いです。

 

カホンって箱一つですから、ドラムと違って場所も取らなければ、

サウンドコントロールも容易と、とっても便利ですよね。

 

僕がカホンを初めて知ったのは、もう10年以上も前に見た

「Skoop On Somebody」の演奏です。

「ほぉ~、あんな楽器もあるだぁ」程度で思ってましたね。

その時はまさか自分が使うとは思ってもおらず、自分はドラムだし、

カホンはパーカッションの人がやる楽器と思ってました。

 

でもなぜか始めてましたね(笑)

 

カホンを始めて結構経つので、今更なのですが、

正直カホンはあまり好きではありません(^^;)

だってドラムじゃないし、パーカッションが得意なわけでもないし、

手が痛くなるのもイヤだし。まぁそれでも時代の流れというヤツです。

 

初めたころは、カホンだけでも良かったんですけどね。

カホンを使う色々なアーティストも増えた影響で、周囲でも色んな要望が増えて、

最近はカホンだけではダメになってきましたね~。

シンバルやらウィンドチャイムやらスズやらマラカスやらと、

「もうそれ、パーカッションじゃん!!」ってなってます。

 

やっぱカホンはパーカッションの部類なんですかね?

カホンはカホンっていうジャンルじゃないのかな?

 

僕はカホンをやる場合、あくまで「ドラムが出すリズムの代わり」と考えているので、

カホン一つで完結したいのが本音なので、付属品を使うのが正直イヤです。

「ドラムだってシンバル叩くじゃん」って言われると、

「ドラムはシンバルも含めた一つの楽器」だからって言います・・・(笑)

 

ようするに僕は、パーカッショニストじゃないし、なるつもりもない!

僕がカホンを叩く時は、カホンのみ!!

 

コメント