出来ないっていうのは簡単だけれど・・・。

ドラムな音楽な人生~

ふと最近、10数年前に一緒にやっていたバンドの事を思い出しました。

スタートはGt、Ba、Dsの3人でのインストバンド。のちにPfが入り4人になるけれど、

その後は色々あって解散してそれっきり。

原点の3人は互いにそれぞれ好きなジャンルも違ったし、方向性もバラバラだったけど、

一番気兼ねすることのないメンバーだった気がします。

 

とにかく好奇心旺盛というか無謀というか、怖いもの知らずというか、若さゆえなのか、

背伸びしたってまだ届かないであろう難解な曲を、ひたすら挑戦してました。

メンバー間で「出来ない」という言葉はなく、「とにかくやってみよう」がモットーで、

ピアノの曲だろうが歌ものだろうが何だろうと、各それぞれに好きな曲を持ち寄って

「出来たら絶対カッコいいよね!」と、ただそれだけで深く考えずに形にしてきました。

 

あまりに難しくてできないと、心が折れる時もあったけど、

必ず誰かが形にしてくるから、「なにくそ~!」と闘争心に火が着いて、

それがまた心地よくて、純粋に楽しくてとっても充実していた。

今思うと一番成長していた時期かもしれない。

今の自分があるのも、今でもどん欲でいられるのも、

この時の経験がとても大きく影響を与えているんだろうなぁ。

 

それまでは自分のできる範囲の事しか、やってこなかったし、

ちょっと無理してやって失敗した事もたくさんある。

それで凹んで挑戦しなくなったこともある。

 

でもこの時の色々な経験のおかげで、基本的に「出来ない」とは思わなくなった。

たまに「これは出来ないかも・・・」と思ってしまっても、言葉には出さないようにしてる。

また不安で出来ないと思っても「出来ます」というようにしている(笑)

まずは「やってみよう」ってのが、やっぱり大事なんだよ。

 

その時無理かもって思っても、ちょっと頑張ってみると意外に何とかなるもんだ。

やってみてどうしてもできないのなら、それは「出来ない」と素直に認めればいい。

でもやってもいないのに「出来ない」というのは、結局は単に逃げであって、

自分で自分の可能性を潰してしまっているだけじゃないのかなと思う。

 

「出来ない」に色々と理由付けする人もいるけど、正直、聞いているとドン引きしてしまう。

「そんなにやりたくないならいいですよ・・・(-_-;)」って。

こっちが「なんか悪いことしちゃったかな」という気になっちゃう・・・(^^;)

そんなんがあると、気持ちもすっかりと冷めちゃう。

 

何も曲のノリからアドリブから何から何まで、「その通りに完璧にやってください」って

言っているわけじゃないんだけどな。「曲構成はこれで行きたい」ってだけなんだけど・・・。

上手く伝わらなかったんだなぁ・・・。伝えるって本当に難しいね。

 

同じ「志」の仲間がいると色々と頑張れるもんだけど、

同じ「志」を持つって、実は簡単なようで簡単じゃないね。

一人一人考え方も違うしね。

 

当時のみんなは今、何してるんだろ。

元気かなぁ。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました