自分のドラムのルーツは。

ドラムな音楽な人生~

私がドラムに興味を持つキッカケとなったのは、6歳~7歳くらいの時。

姉が入っていた吹奏楽部の定期演奏会を見た時です。

その時「スパニッシュ・フィーバー」という曲をやっていて、

6年生が叩いていたんだと思いますが、めちゃカッコ良かったのを覚えています。

 

それからドラムばかりに目が行くようになって、9歳の時に吹奏楽部へ。

入ったばかりの頃は、ドラムが近くに合っても叩き方すらわからないし、先輩の目もあるし、

基本練習は嫌いだしで、いつも「辞めたい」と思っていました。

でも何だかんだとそれなりに続けていて、シンバルを担当して大太鼓を担当して、

スネアを担当して、最終的にはティンパニを担当してました。

でも全然ドラムを叩く事は無かったです(笑)

 

当時同年代の女の子でドラムが叩ける子がいて、それがまためちゃめちゃ上手くて。

凄く悔しい思いをしていました(笑)

そんなこんなで初めてドラムを叩いたのは、6年生の定期演奏会。

ドラムが好きで入って、叩くのに3年かかりました(^^;)

 

本格的にドラムを始めたのは中学生になってからです。

もともと団体行動が苦手なのと、先生や先輩に偉そうにされるのがイヤで、

ブラスバンド部には入らない予定だったのですが、ドラムはやりたくて・・・。

それで結局入ったのですが、でもやっぱり合わなくて中二の秋に辞めました。

ドラムはブラバンを辞める前に「ドラムを習いたい」と親にお願いして、

キクヤ楽器で習う事になります。それから7年間習っていました。

 

ドラムが好きで習い始めましたが、誰かに憧れるというような事なく、

数ヶ月は淡々とレッスンを受けていました。でもすぐに憧れが見つかります。

それが14歳の時の紅白歌合戦に出ていた、「X」であり「Yoshiki」でした。

その時「紅」を演奏していたのですが、その衝撃度はかなりヤバかったです(笑)

すぐに「コレだ!!」と思いました。「俺もバンドを組んでプロになる」と誓いました(笑)

 

ドラムを始める事となったキッカケは、姉の影響であり吹奏楽部なのですが、

自分のドラムのルーツやプロを目指すキッカケは「X」であり「Yoshiki」なのです。

ですので今から22年くらい前は、こんなことは当然やっていたわけです(笑)

  

やんちゃな20代前半は、こんな感じでやっておりましたが色々な経験を通して、

次第にドラムや音楽に対する考え方も変わっていき、現在のスタイルに落ち着きました。

当時はこの頭でツインペダルを持って、ジャズバーにセッションに行った事もあります(笑)

結果はご想像の通りだと思いますが、若い時って相当アホだったんだと思います(^^;)

今じゃ絶対に考えられない行動です・・・。

そんなこんなで、ちょっと過去を振り返ってみました~♪

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました