ドラムな音楽な人生~

足でカウベルを演奏するのがブーム!?

2015/10/08

 

昨今、足カウベルが流行って!?おります。

私も流行に乗って10年くらい前からやっております(^^;)

 

ちなみに足カウベルとはハイハットの横に置いて、

フットペダルに装着したカウベルを足で鳴らします。

大概、右利きセッティングのドラムなので、

この場合は左足でペダルを踏むことになります。

私の場合はこれ↓↓   136694301452713102639

 

使用目的はラテン系の曲をやる場合です。

足でやるリズムのためあまり複雑な事はできません。

まぁ出来る人は色々とやっちゃうのでしょうが・・・。

 

ラテンには「ルンバ・クラーベ」「ソン・クラーベ」という

2種類のリズム(ノリ)があるのですが、その2つのリズムを暇な足で担います。

 

●ルンバクラーベ

「カッカッンーカッ、ウンカッカッ」or「ウンカッカッ、カッカッンーカッ」

●ソンクラーベ

「カッカッカッ、ウンカッカッ」or「ウンカッカッ、カッカッカッ」

 

かなり解りずらくてすみません(笑)

こんな感じのリズムを暇している足でやりながら、

その他の手足はラテンのリズムを叩いていきます。

 

ちなみに大編成バンドだと、パーカッションの方が

大概いますのであまり必要ありません。

主にはパーカッションがいない小編成バンドが対象で、

ドラムだけのリズムで物足りないとか、どっぷりとラテンの雰囲気を出したいとか、

そういった類の時に発動します(笑)

 

私が最初に、この足カウベルを発見したのは

「オラシオ・エルネグロ・エルナンデス」という

超ドS級のラテンドラマーを見た時でした。

第一印象は「なんだこの変態は!!」といった感じで、

何とも失礼ではありますが・・・・(^^;)

それだけ驚愕したものです。

 

当時、無知だった私は「そんなもんドラマーがやることじゃない!」と

思っていたのですが、まぁ気づいたときにはマネしていました(笑)

 

難易度としては特別難しくありません。

コツとしては変に手足バラバラという考えで動かそうと思うと動きません。

あくまでリズムの流れに乗るのが大事です。

ソンゴやカスカラのリズムを自分で叩きながら、

合わせていくとイメージがつきやすいです。

 

慣れてくると、どんなリズムでも入れられるようになります。

がしかし、むやみに入れるとメンバーに嫌がられるので、

やる場合には慎重な判断が必要となります(笑)    

-ドラムな音楽な人生~
-, , , ,