ドラムな音楽な人生~

ブラシ奏法をやっておくと何かと便利ですよ

2015/10/08

Exif_JPEG_PICTURE

ブラシ奏法ってなんだ?

ブラシ奏法は主にジャズで行う奏法で、ブラシはよく使われる道具です。

一度は見た事があると思いますが、スネアの上でまるで焼きそばを作るかのように

「シャ~コ、シャ~コ」とやっています。

もちろんジャズ以外でも、アコースティック系やバラード、ボサノバなど、

多岐に渡って何かと便利に使えます。

バリバリロックオンリーの人には、まったく必要のないものです・・・。

しかし色々とやりたいという人には、ブラシは便利なので本当に重宝します。

 

ブラシ奏法の練習法は?

ブラシの練習法の基本は、スティックの時と同じです。

ブラシでひたすらルーディメンツをやりましょう♪ 

ブラシは重心も取りずらく叩いても跳ねないので、ブラシで練習すると、

かなり手首や指先の強化になります。

 

もう一つジャズでよく耳にする「シャーコシャーコ」という音は、

スネアの上をブラシで掃除(笑)するのですが、私の経験上マッチドグリップより、

レギュラーグリップの方が掃除をしやすいんです。

なのでブラシ奏法の場合は、レギュラーグリップがおススメです。

 

シャーコシャーコの練習法としては、実際にやっている人の

動きを見たほうが早く理解できます。

教本でもブラシの動きを書いたものがありますが、

結構分かりづらいし音と動きのイメージがつきずらいです。

ですので実際の動きを見ながら、一緒に手を動かすのが一番早く覚えられます。

 

ブラシ奏法は基本の形はあるのですが、やっている人によって、

結構面白い動きをしている人もいるので、

気になった人のマネをするのも早く覚えるコツですね。

 

ちなみに私は「ジェフハミルトン」のブラシ奏法がとっても好きです♪    

-ドラムな音楽な人生~
-, , , ,