ドラムな音楽な人生~

ドラマーによくあるケガにはどんなものがある?

drummer_man

 

ドラムをやっていると、わりとケガをする事があります。

ドラマーのよくあるケガとして腱鞘炎腰痛、ケガとは言えないけれど、

背中のハリ肩こりといったものも挙げられます。

 

いずれもドラムを叩いていて引き起こす諸症状ですが、腱鞘炎や腰痛、

背中のハリや肩こりといった症状は、ドラムに限らず日常生活の中でも、

割と引き起こしやすい症状でもあります。

ただドラマーの場合、症状が出る各箇所は、日常生活以上に負担をかけている為、

通常よりもケガを引き起こしやすくなっています。

 

腱鞘炎も腰痛も主な原因は、本人の持ってる筋力に対して、

大きな負担(使いすぎ)が長い時間、加わる事によって炎症が起こるわけです。

つまり筋力を強化して柔軟にすることで、症状の緩和や予防をする事ができます。

背中のハリや肩こりにも、同じ事が言えます。

 

ドラマーの腱鞘炎の改善と予防

ドラマーの腱鞘炎は、主に親指の付け根部分から手首にかけての、

腱や腱鞘に炎症が起こりやすいです。

これは主に親指周辺と人差し指周辺の筋力が弱いため、

腱や腱鞘に負荷がかかるからです。

また、利き手よりも筋力の弱い「利き手ではない方」が、

腱鞘炎になりやすいです。(僕の経験上ですが・・・)

ちなみに僕の場合は左利きなので、右手が腱鞘炎になりやすいです(^^;)

 

もし腱鞘炎になったら・・・

腱鞘炎になった場合は、悪化させないためにも安静にするのが一番です。

その際は痛みのある個所に、湿布を貼ると効果的です♪

おおよそ3日くらいで痛みも治まり、症状が「落ち着いたな」と思っても、

すぐにドラムを始めると、あっという間に再発します。

痛みが治まっただけで、小さな炎症自体はしばらく続いているんです。

 

ですから腱鞘炎になったら、痛みが治まっても1週間は安静にして、

その後は無理しないで、少しずつリハビリをしていくことが大事です。

腱鞘炎は慢性化すると非常に厄介ですよ・・・(-_-;)

 

指の筋力強化するおススメな方法

ドラムをやっていて、腱鞘炎を予防していく為には「親指、人差し指」の

筋力強化と柔軟性を高めていく事です。

 

親指と人差し指の簡単な強化法としては、箸の練習をすることです。

箸を使うのって、ちょっとしたコツもあるのですが、指の筋力も必要なのです。

利き手では無い方で箸を使うと分かりますが、ほとんど使えませんよね。

指先の筋力が無いと、コントロールも上手くできないんです。

親指と人差し指の筋力強化には、箸の練習をする事が一番効果的です。

 

もし僕と同じで利き手じゃない方が腱鞘炎になっているなら、

腱鞘炎が治った後に、利き手ではない方で毎日、箸を使いましょう。

またパスタを食べる時は、フォークをクルクルとやりますが、

これも利き手じゃない方で行うと、上手くいかないので効果的です。

さらに頑張れる人は、字を書くのも利き手では無い方で行いましょう♪

 

これらを毎日意識してやっていると、必要な筋力とコントロール力が身に付いていき、

腱鞘炎の予防になります。また「両利きにもなる」ので一石二鳥です♪

 

利き手であっても腱鞘炎にはなる

利き手でも度を過ぎて使いすぎれば、腱鞘炎になります。

そういう場合は、必要以上に指に力を入れ過ぎない叩き方を研究したり、

スティックのサイズ(太さや重さ)を変えるなどの事でも対策になります。

 

腱鞘炎を予防するスティックの持ち方

ちなみに僕は、マッチドグリップでスティックを握る時、

親指と人差し指で支点を作って、スティックを握る通常の持ち方ではなく、

親指と中指を支点として持ち、人差し指は添えるだけという持ち方にしたところ、

かなり負担が軽減されたばかりか、出音も柔らかく広がりのある音になりました。

 

この持ち方、実は我が心の師である「デイヴウェックル」のDVDで

説明されていた持ち方であり、モーラー奏法を行う上で必要なようです。

興味ある方はぜひ試してみてください♪

 

ドラマーの腰痛の改善と予防

ドラマーの腰痛の場合は、楽器運搬などで痛める場合もありますが、

主な原因は、長時間座って演奏する事による負担です。

この腰痛を回避するには、腰周りの筋力強化をするのはもちろんですが、

「スローン(イス)の高さ」も腰痛予防には重要な部分です。

一般的にドラムのイスが高い方が、腰痛には良いと言われています。

 

またイスの座る位置も、深く座るか手前の方で浅く座るかによっても、

腰への負担は変わると言われています。

 

腰痛は初めの内こそ、筋肉疲労ぐらいですみますが、悪化すると

ぎっくり腰」や「椎間板ヘルニア」などの、治りずらい&再発しやすい病気に

発展しやすいので、日ごろから腰周りを強化しておく方が良いです。

巷では体幹を鍛えると、腰にもドラム演奏にも良いなんて言われています。

 

ドラマーの背中のハリや肩こりの改善と予防

背中のハリや肩こりも、ドラマーには結構多い症状です。

ちなみに僕も、「背中のこむら返り的な事」が頻繁に起こります・・・(-_-;)

原因は同じ姿勢による筋肉の硬直です。酷くなると頭痛や背中の痛みで、

ドラムが叩けなくなるばかりか、日常生活にも影響を与えます。

 

対策は何といってもストレッチです。

ドラムをやる前と終わった後には必ず行いましょう。

またドラムに関係なく毎日やっておくと、さらに効果的です。

 

ケガが多いなと思うドラマーはというと?

ちなみに「ドラマーのケガをイメージすると?」というと、多くの一般の方達は、

「XJAPANのYOSHIKI」を、思い浮かべるのではないでしょうか(笑)

確かにYOSHIKIは「ケガが多い」ドラマーですが、一般的なドラマーであれば、

まずYOSHIKIのようなケガはしません。

 

YOSHIKIのケガは「頸椎椎間板ヘルニア」で、さらにそれが悪化し、

頸椎椎間孔狭窄症(骨が変形して神経を圧迫する)」なのですが、

このような症状となるのは、YOSHIKIのドラムの叩き方にあります。

 

多くのドラマーはYOSHIKIのように、首を振ってドラムを叩く事は無いため、

普通にドラムを叩いていて、頸椎を傷める事はほとんどありません。

 

という事で、本日はドラマーがケガをしやすいと思われる

主な症状について、長々とまとめてみました(^^;)

 

-ドラムな音楽な人生~
-, , , , ,