ドラムな音楽な人生~

ドラムを叩いている時って何考えている?

illust2191

 

とある日のドラムのレッスン中、生徒さんに、

「ライブでドラムを叩いている時って、何を考えているんですか?」という

質問を受けて、思わず自分でも「何を考えているのかな?」と考えてしまい、

取りあえず「曲の事とか色々だよ!」と答えてしまいました・・・(-_-;)

 

という事で本日は、そんな適当具合で答えてしまった反省も踏まえて、

「ドラムを叩いている時って何を考えているのか?」という事について

”僕の場合は”という事で、あれやこれやと書いてみます。

 

考えているようで考えていないような・・・

普通で考えていくとライブ中なんだから、「曲の事とかリズムとか、

フィルインの事とかを考えながら演奏をしている」、と思うかもしれません。

でも僕の場合は・・・。

 

曲の始まりの時

まず曲が始まる前は、僕は必ずクリックでテンポを確認し、

そしてカウント出しをして、曲をスタートさせていくのですが、

この最初のテンポ確認とカウント出しの時には、意識をかなり集中させています。

全体の意識集中レベルを10とすると、この時は10MAXです。

※ちなみに2曲続く場合などの時は、2曲分のクリックを聴いておきます。

 

曲が進行している間は?

曲が進行している間というのは、何を考えているのかというと、

テンポに関しては、初めに聴いたクリックのテンポが、

頭の中で常に鳴っているため、それにだけ特化して集中はしていません。

この時のテンポに関しての意識集中レベルは、おおよそ2くらいだと思います。

ただテンポがずれると突然意識が働いて、「あっ!ヤベッ(-_-;)」となります(笑)

 

では何に意識を集中させているのかというと、

”周囲の様子に意識を集中させている”ということです。

これはかなり意識しており、全体の5~6くらいです。

周囲の様子は、主にメンバーの出す音や表情などですが、

見ている観客の様子も見たりしています。

 

曲の終盤時には?

曲の終盤時も、進行している時と差ほど状態は変わりません。

終わりが近いからといって、気持ちが昂る事も無く淡々とドラムを叩いています。

この時の意識集中レベルは、周囲の様子に8、テンポに1です。

 

さてこれが僕の、演奏の始まりから終わりまでの脳内の状態なんですが、

集中する事に意識が働いているので、「何かを考えている」

というような感じではありません。

またもう一つ、大事な事に意識を集中している場合があります。

それは一体なんなのかというと・・・・。

 

曲を覚えているのと覚えていないのではかなり違う

曲を覚えているのと覚えていないのとでは、演奏時の意識集中レベルも、

かなり変わっていきます・・・(-_-;)

 

曲を覚えている場合

曲構成が頭にしっかりと入っている場合というのは、曲の進行と共に、

頭の中で譜面も同時に自動で進んでいきます。

ですから曲を思い出そうという意識があるわけでもありません。

そのため、演奏にも余裕が生まれ、他の事にたくさん気を配る事が出来ます。

この場合の意識集中レベルは、周囲6、テンポ2、その他1くらいの割合となります。

 

曲を覚えていない場合

曲を覚えていないという場合、当然、譜面を見ながらというわけです。

そのため演奏中は、譜面を目で追っていくという事に意識が重点化されて、

他の事への集中力は弱まってしまいます。

意識集中レベルは”譜面を見る事6、周囲3、テンポ1”くらいの割合となりますが、

この譜面への集中度合いは「曲の難易度」、「どれだけ曲を聴いたか」とか、

「合わせたか」等によっても大きく変わってきます。

 

曲を覚えていないと、不安度も高まり気持ちも落ち着きません。

ですから曲は覚えておく事にこしたことはありません(^^;)

 

自分の演奏には集中していないの?

あくまで僕の場合においてですが、自分のドラムの事で「次のリズムはこうで~」

「次はフィルインだ~」とか、「次のドラムソロはカッコよくしよう」とか、

「失敗しないように」など、自分のドラムの事については全く考えていません。

そういう余計な事を考えてしまうと、必ずといっていいほど失敗するんですよね(^^;)

 

自分の事というよりも例えば、「ベースとキレイに縦を合わせよう」とか、

「歌がかなり感情を込めているから、ドラムもちょっぴりタメようか」とか、

「ギターソロがぐいぐい来ているから、控えるかあるいは乗るか」など、

相手を重点に置いた考えはいつもしています。

 

ドラムを叩いている時は何を考えている?のまとめ

ちなみにバンド練習の時は、本番ほど意識も高まっているわけではないので、

別の事も考えていたりすることがあります。

例えば「疲れたなぁ~」「何回も同じ曲やって飽きたなぁ」「お腹減ったな~」

「子供はもう寝たかなぁ」「帰ったらビール飲もう♪」とか、

いわゆる演奏には関係ない俗な事を考えている事がありますね(^^;)

 

本番という緊張が無い為に、意識に余裕が生まれるんでしょうけど、

あまりにも余計な事ばかりを考えていると、それはひどい練習となります・・・。

 

個人練習の時は、自分のドラムだけに集中する事ができるので、

むしろ自分のドラムに関してだけ色々と考えます。

「クリックに合っているか」とか、「こういう叩き方だったらどうか?」など。

 

さて今回の「ドラムを叩いている時は何を考えているのか?」という

僕なりの結論としましては、本番中は本番に集中するという強い意識や、

緊張という作用もあって、他の事を考えている暇はないという事でした。

また、できるだけ曲は「覚えておく方が良い!」という事です(笑)

 

-ドラムな音楽な人生~
-, , ,