ヴァージルドナティ(Virgil Donati)をちょびっとだけ考察

ドラム付録

 

ツーバスやツインペダルでドコドコドコ~っと、演奏をするほとんどの場合において、

RLまたはLRのシングルで行うと思います。

 

このシングル踏みでドコドコをやりながら、手を加えるのは簡単なのですが、  

通常のシングルではなくダブル(RRLL、LLRR)や、パラディドル(RLRR、LRLL等)を、

足の奏法に用いてやっている変態ドラマーさんが世界にはいます。

 

その世界クラスのドラマーさんのお一人が、

ヴァージル・ドナティ(Virgil Donati)」さんです。

 

ということで「ヴァージル・ドナティ(Virgil Donati)」をちょびっと考察します。

スポンサーリンク

ヴァージル・ドナティ(Virgil Donati)

ヴァージル・ドナティは1958年、オーストラリアのメルボルンにて生まれ。

主にハードメタル系のテクニシャンドラマーであり、超絶的なツーバスを始め、

なぜかレギュラーグリップで叩くというスタイルです。

 

ヴァージル・ドナティのツーバスは、ただ速いから「すごい!」とかではなく、

あえて足で「ダブル」や「パラディドル」といった事をやり、そしてそれがまた速いのです。

この足でダブルやパラディドルをやるというのは、簡単そうですがかなり難しいのです。

そしてこの足技をやりながら、平気な顔で手も自由自在に動かしていきます。

 

またレギュラーグリップも決して、弱々しくまた軽い音でもありません。

これでもかというくらい芯のある音を出します。

その辺のマッチドグリッパーよりも、パワーのある音を出します。

足でダブルやパラディドルをやる必要はあるのか

足でのダブルやパラディドルといった技術が、はたして必要なのかというと・・・。

それぞれの価値観の違いもあり、非常に判断が難しい所ではありますが、

出来たら間違いなく、「変態ドラマー」の称号は貰えると思います・・・(^^;)

真面目に考えると、4ウェイが強化されるのは間違いありません。

足ダブル・足パラディドルの練習法

足ダブル・足パラディドルの練習はどうやったらいいのか。何も深く考える必要はありません。

そのまんま足でダブル、足でパラディドルをやればいいのです。

 

基本はまずゆっくりのテンポからです。

そして利き足スタートが慣れてきたら、今度は足順を変えてやっていく。

この繰り返しをどんどんスピードアップしていけばいいのです。

簡単ですね。練習の理屈は・・・。

 

実際これをやるとかなり難しいことが分かります。

特にパラディドルは本当に難しいです。

ダブルはコツがつかめれば、何となく慣れていきます。

 

おそらく足だけならすぐに出来る人はたくさんいると思います。

でもこれに手を加えていくとなると大変なわけです。

ちょっとしたテクニックとして応用してみる

非常に難しいテクニックですが、ちょっとしたソロのフレーズとして考えれば、

曲中の1小節くらいは入れれるかもしれませんね(^^;)

 

またツーバスやツインペダルだけじゃなく、バスドラとハイハットの

組み合わせで行う事で、新たなリズムが作れたりもします。

そう思うと出来ないよりは出来たほうが、ドラムの世界が広がって良いかもしれません。

 

ちなみにヴァージルドナティ(Virgil Donati)さんは、この奏法をふんだんに取り入れており、

見ていると「人間ってここまでできるんだぁ」と唖然というか感動します・・・。

現在、世界最高峰の足技キングです♪

 

   

 

 

コメント