演奏時のカウントの出し方について考察

ドラム付録

 

バンドで演奏する時って、ドラムがカウント出しをするのが一般的です。

ほとんどのジャンルは「ワン、ツゥー、スリー、フォー」と、スティックやハイハットで、

シングルカウントすます。(カウントの時声を出す人と、出さない人がいます。)

 

これは割と一般的なカウントの方法なのですが、ジャズ屋さんの前でやると

すっげー睨まれて鼻で笑われて、小言まで言われ一気に自信喪失します。 

スポンサーリンク

ジャズのカウントの仕方

ジャズのカウントってダブルカウントが主流(基本)です、声出し&スティックカウントで

「ワン、ツゥー、ワン、ツゥー、スリー、フォー」 とやります。

この時初めの「ワンとツゥーの間、次のツゥーとワンの間」「ツゥーとフォー」、

いわゆる2拍4拍にハットを踏む人もいます。

※注:違いがある場合もあります。

 

あとジャズの世界ではたまに、「トリプルカウント?」する事もあります。

「ワン(234)、ツゥー(234)、ワーン、ツーゥ、ワン、ツー、スリー、フォー」

同じように声出し&スティックカウントです。

 

これは速い4ビートの曲をやっているバンドで、よく見かけるのですが、

このカウントの取り方が正しいのか、間違っているのかは分かりませんが、

さすがにカウントが長い気がします。

ジャンルによってカウントが違うわけじゃない

このようにジャズとそれ以外のジャンルでは、カウントの出し方が異なるわけですが、

実はこれ間違いなんです。ロックでも本来ダブルカウントなのです。

 

ゆっくりとした「バラードなどの時はシングルカウント」。

一方「アップテンポの曲などの時はダブルカウント」というのが基本です。

日本はシングルカウントが好き?

ロックだろうとジャズだろうと、ジャンルによって、カウントの仕方が

異なっているわけではないのです。でもなぜだか日本は多くの場合において、

シングルカウントが主流となっています。

どうしてこのようになったのかは分かりません・・・。

 

ちなみに私もジャズ以外では、ダブルカウントはあまりしてません。

そもそもダブルカウントって、ジャズをやるようになってから知りました。

子供の時やっていた吹奏楽でも、ダブルカウントというのは無かったです。

カウントはずっと「シングルカウント」のみだと思っていました(笑)

上手なカウウントの出し方

シングルだろうとダブルだろうと、上手なカウント出しをする人は、

必ずバックビートを意識してカウント出しをしています。

 

単調に「ワン、ツー、スリー、フォー」ではなく、

「ワ・ン・ツー・ゥ・スリー・イ、フォー・ォ」という風に、ウラの拍まで

意識できるようなカウント(外国の場合「ワン・and・・・」と間に入れます)や、

2拍・4拍を強調するようなカウントを出します。

 

2拍・4拍の強調は、ジャズじゃだけじゃなくロックも同じで、アメリカ音楽の基本です。

アメリカ音楽では主に偶数を意識するノリなので、2拍・4拍が強調されるのです。

 

曲のノリも感じさせるカウント

カウントというのは、単に曲のテンポを出すだけでなく、

その曲の「ノリ」も感じさせなければいけません。

カウント出しを意識することで、バンドの雰囲気もガラッと変わります。

ぜひ研究してみてください♪

 

コメント