オールマンブラザーズ(The Allman Brothers Band)を考察。

ドラム付録

 

昨日、野暮用で帯広に行ったのですが、道中ちょっとしたお祭りを発見。

立ち寄って見るとアマチュアバンドの演奏で「オールマンブラザーズ」をやっていました。

私も昔お手伝いでオールマンブラザーズをやっていたこともあり、とても懐かしく感じました。

という事でほんの少し、オールマンブラザーズについて考察します。

スポンサーリンク

オールマンブラザーズ(The Allman Brothers Band)とは

オールマンブラザーズ(The Allman Brothers Band)は、

1970年代のアメリカロックバンドで、ブルースを基準としながらも、

カントリーやブギー、R&Bなどの要素も含んだ、いわゆる「泥臭いロック」といわれる

独自のジャンルを確立したバンドで、「サザンロック」という風に言ったりもします。

 

恐らく50代以上のロックおじさん達なら、知らない人はいなと思います。

コピーバンドの人たちも、まさにその世代の方達で、同じみの代表曲「ジェシカ」や

「ランブリンマン」などで会場を盛り上げていました♪ 

 

ちなみにバンド名は、デュアン・オールマンと、弟のグレッグ・オールマンの

兄弟で作ったバンドなので、オールマンブラザーズと名付けられています。

そのまんまですね(^^;)

 

・ジェシカ 

 

・ランブリンマン

 

コメント