ドラムでダイエットは可能なのかを考察

ドラム付録

「ドラムでダイエットは可能なのか」という事について考察します。

答えを先に言いますと、YESでもありNOでもあります。

「なんじゃそりゃ」と思うかもしれませんが、ドラムはジャンルによって、

激しかったり、おとなしかったりするので、脂肪燃焼も大きく異なるのです。

スポンサーリンク

脂肪燃焼が多めのジャンル

脂肪燃焼が多そうなジャンルというと、XjapanのYOSHIKIのような

いわゆるハードロックやメタル系のドラムです。

 

この手のジャンルはテンポの速い曲が多く、ドラムもツーバスが多く、とにかくハードです。

ですから演奏中も休憩できるような場面があまりなく、体全身の運動量が多いのが特徴です。

またハードロックやメタルは、曲が難しいものが多いので、

相当な集中力も必要としており、エネルギー消費はかなり高いはずです。

 

そして常にハードなドラムをやる事で、必然的に身体が締まっていくので、

ナイスなボディになる事も夢ではありません。そのかわり身体のケアを

しっかりと行わないと、ケガや故障といった代償を負う事もあります。

 

一般的な運動で表すと、100メートル走を連続10本くらい、

もしくは短めのフルマラソンのイメージです。

パンク系はどうなのか?

パンク系も力強く激しい音楽ですが、実はドラムはそうでもありません。

もちろん、一概には言えませんけれども・・・。

ただ多くの場合、テンポが速かったりしますが、ハットは4分打ちだったり、

フィルも8分が多かったりと、わりと楽が出来るジャンルです。

一般的な運動で表すと、ドッチボールみたいな感じです。

脂肪燃焼が少なめのジャンル

脂肪燃焼が少なめのジャンルというと、ハードロック・メタル系以外のジャンルとなります。

普通のロック、ポップス、ファンク、ソウル・R&B、ジャズ、ラテン、フュージョン、

演歌などです。これらのドラムを演奏した場合、全く疲れないわけではありませんが、

運動量は、ハードロック・メタル系の比ではありません。

普通のロック、ポップス、演歌

まず普通のロックやポップス系では、曲によってはボチボチ激しいものもありますが、

ドラムの運動量は、ハードロック系と比べ大幅に落ちます。演歌は更に運動量が少なくなります。

ただ歌モノですので、歌に気を使ったりするという別の疲労感はあります。

 

一般的な運動で表すと、膝を傷めない程度のウォーキング、もしくは散歩です。

ファンク・ソウル・R&B

ファンク、ソウル、R&B系では、基本的には普通のロックやポップスと

同じくらいの運動量となりますが、ファンクはドラムが結構グイグイと来るのもあり、

そういう曲の場合には、中々の運動量と疲労感があります。

 

それでもハードロック・メタル系のような、全身運動をずっと続けるという

ようなものではないです。むしろヴォーカルのほうが結構、疲れる気がします。

 

一般的な運動で表すと、たまに自分で負荷をかける筋トレなイメージです。

ジャズ・ラテン・フュージョン

ジャズ、ラテン、フュージョン系はどうでしょう。

このあたりのジャンルになると、おしゃれ感も大事なので、がむしゃらに叩くという

スタイルは好ましくありません。ですので、とにかく無駄な動きをそぎ落とし、

曲線を描くように流動的に、そして繊細かつ時に野獣のように演奏していきます。

 

イマイチよく分からない感じですが、ソロなどでは自分の限界に挑戦する人もいるので、

そういう場合には運動量も上がると思います。

 

しかし静かなボサノバやブラシを使うジャズなどの曲では、演歌と同じか

それ以下の運動量になる場合があり、その場合は運動をしているという実感は全くありません。

 

一般的な運動で表すと、適度な休憩をはさむジョギング的なイメージです。

「ドラムでダイエットが可能なのか」の結論

大まかなジャンルに分けて検証してみましたが、ハードロックやメタル系の場合に限り、

かなりの高い運動量であり、また短期間で痩せる事が出来るのではないか

という結果となりました。実際ジャンルによって、体型が顕著に出ている気がします。

 

もし痩せる目的でドラムをやりたいという場合には、

ハードロック・メタル系のジャンルで、ツーバスをやる事をおススメします。

※一般的な運動の目安は、あくまで個人的主観です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました