ドラマーに「筋肉は必要か」「筋肉は必要ないか」を考察

ドラム付録

 

ドラムを叩く場合、アスリートのような「筋肉は必要か?」「必要ないか?」

と議論をすると、必ず「筋肉は必要ない派」と「筋肉は必要派」にという意見に分かれます。

実際には一体どっちなのでしょうか?

 

ただ一つ言える事は筋肉をつけたからといって、

ドラム上達に繋がるかはまた別問題です。

スポンサーリンク

筋肉は必要ないという理由

ドラムは基本的に、スティックで太鼓のヘッドを叩いた時の、

リバウンドを利用して演奏します。(バスドラはペダルのばねの力を利用します)

 

リバウンドを上手に利用すると、大きな音も楽々と出せるので力任せに叩く必要はなく、

早いフレーズを演奏する時も、力を入れているとスピードはでません。

とすると、筋力はいらないのではと思います。

ドラムに必要な筋肉があった!

でも実はドラムにも、必要な筋肉があります。

それは「持久力を維持する筋肉」「瞬発力を出す筋肉」です。

 

長い時間を演奏するには持久力は必要ですし、早い曲の演奏や高速タム回しなんかを

するには瞬発力が必要になっていきます。これらはリバウンドだけでは補う事は出来ません。

ただこの二つの筋肉は、アスリートのように特別鍛えていなくても、

ドラムを叩いていれば自然とついていく筋肉です。

身体を鍛えているドラマーもいるけど?

ドラマーにはガチガチでマッチョ筋肉は必要ないと思います。

筋肉をつけ過ぎる事で、逆に動きを遮ってしまう場合もあります。

でも海外の超一流ドラマーさんの中には、身体を鍛えてかなりごっつい体している人もいます。

私の大好きなデイヴウェックルもジムで体を鍛えているそうです。

 

彼らの体を鍛える目的は、持久力と瞬発力を高める事もそうですが、

ドラムを叩く上で身体の安定感を向上させるためであったり、

腰痛の改善や予防のためであったり、体型維持のためであったりとかの

理由で鍛えている人が多いようです。

ドラマーの筋肉論 まとめ

ドラマーに「筋肉は必要か」「必要ではないか」についてのまとめとして、

ドラムを叩く上で、アスリートのような筋肉は必要ないと思います。

 

ただ瞬発力や持久力のための筋肉は必要です。

でもこれらの筋力は、ドラムを叩いていれば自然に見につく筋肉であるので、

わざわざ特別な事をしなくても良い気がします。

 

個人的にもっと持久力と瞬発力を強化したい、安定感を高めたい、

腰痛の予防改善のため、体型維持のためという理由で鍛えている人達もいるので、

最終的には本人の気持ち次第といったところです。

 

ドラマーってジャンルによりけりですけど、全身動いているようで動いていませんから、

個人的にはメタボ対策として鍛えるべきだと思います。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました