バンドのメンバー募集と音楽性の違いを考察

ドラム付録

 

一昔前のバンドメンバー募集といえば、スタジオや楽器屋、ライブハウス等の壁に、

メンバー募集の紙を貼らせてもらって募集するのが一般的でしたが、

今ではインターネットを使ったネット掲示板や、メン募専用のサイトなどが主流となっており、

壁にメン募の紙を貼っているのは少なくなりました。

スポンサーリンク

メンバー募集の流れ

ただ基本的な募集の仕組みは同じで、募集かける→連絡もらう→会って話す

→セッション→加入?みたいなスタイルです。

 

「会って話す」のと「セッション」は、一度にやる事もありますね。

会って色々話す野も大事ですが、いきなり音出した方が相手の事もよく分かるし、

自分の事も伝えられますよね。特に話下手には一番いい方法です。

 

ちなみに経験上、会って話だけをしてバンドに加入する人は、

そのご連絡が途絶えるか、すぐに辞めちゃう人が多いです。

なので初めまして同士で音を出す方が、わりと長持ちします。

音楽性の違いで辞める理由

 バンド解散やメンバーの脱退理由のNo1に輝くのが、「音楽性の違い」です。

しかし、そもそもこの「音楽性の違い」という理由は、理由であって理由ではありません。

 

だって元々別々の価値観を持った人間同士なのですから、

当然、音楽性も違って当たり前なのです。

例え同じバンドが好きであっても、そのバンドの曲が全て好きな人もいれば、

そうでもない人もいるわけです。

音楽性の違う者同士が、自分の持っていない部分等に惹かれたりして、

一緒に音楽をやっているのです。だから色んなものが生まれるんです。

それを「音楽性の違い」というのを理由にするのは変なのです。

音楽性の違いは便利な言葉

「音楽性の違い」という言葉は実に便利な言葉です。

 

正直に「バンドが嫌になった」「面倒くさくなった」「他から声が掛かった」

「面白くなくなった」「人間関係が上手くいかなくなった」などと言ってしまうと、

非常に角が立ってしまい、のちに色々とやりずらくなります。

 

だからみんな「音楽性の違い」という言葉に頼るわけです。

バンドの大概もめる理由は、金銭人間関係です。

音楽性の違いではありません。  

 

コメント