ジャズドラマー「ロイへインズ(Roy Haynes)」 を考察

ドラム付録

 

私の好きなドラマーの一人、ロイ・へインズ(Roy Haynes)を

ちょっと考察してみます。

スポンサーリンク

ロイ・へインズ(Roy Haynes)

ㇿイ・ヘインズ(Roy Haynes)は、1925年アメリカ合衆国マサチューセッツ州

ボストン生まれのジャズドラマーで90歳を超えて、今なお現役ドラマーです。

JAZZ界の巨匠たちであるチャーリーパーカー、セロニアスモンク、ぱっとメセニー、

チックコリア、ジョンコルトレーン、マイルスデイヴィス、ビリーホリディなどの

著名人達とセッションやレコーディングをしてきているドラマーです。

 

繊細さと時折見せるパワフルさを併せ持つ、ㇿイ・ヘインズのドラミングには、

多くの人達が魅了されています。

ㇿイ・ヘインズのシグネイチャースネア

私もJAZZの仕事が増えたころ、そんな彼に少しでも近づきたいと、

今から4~5年前に購入したのがYAMAHAのロイ・へインズシグネイチャースネアです。

sdr

このスネアはコパー(銅)で作ってあり、シェルはハンマリングしてあります。

その見た目とは違いウッドシェルよりも、かなりやわらかく温かみのある音で、

金属特有のキンキン感がありません。※現在は生産終了しております。

 

私はわりかし攻撃的なスネアの音を出しているので、ロイ・へインズの

「柔らくて繊細な音をどうやったら出せるんだろう?」と悩んでいました。

当然そんな安易な悩みの答えは、「スティックコントロール」に限るわけですが、

つい道具へ頼るという楽な道へと進んでしまったわけです。

 

実際、ㇿイ・ヘインズのシグネイチャースネアは、多少スティックコントロールが雑でも、

柔らかい音が出せるスネアです。細かい音も調整次第によってはかなり誤魔化すことができ、

マイクノリも良いためレコーディング向きなスネアとも言えます。

 

しかしその柔らかく軽い音は、どんなジャンルでも使えるというわけでなく、

ロックなどでは音が埋もれ気味になってしまいます。でもTAMAのコパーシェルのスネアは、

全然そんなことがなく、ロックで使っている人もいるので調整しだいなのか、

それともハンマリングの影響なのか、まだ勉強不足ゆえ謎が解けておりません・・・。

 

少し話が逸れてしまいましたが、このロイへインズのスネアはテクニック不足でも、

色々とごまかしが利くスネアではありますが、やはりロイへインズのようにはいきません。

確立されたテクニックと経験によって、最大限に活かす事ができるスネアです。

ですからやはり誤魔化そうとせず、真面目に練習あるのみです。

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました