アンソニージャクソンとオラシオエルナンデスのコンビ

ドラム付録

 

バンドにおいてベースとドラムというのは、かなりの密接な関係だと思うんですが、

自分が思う「この組み合わせは最強!」という人たちが何人かいます。

今回はそのお気に入りな一組を紹介します。

スポンサーリンク

アンソニー・クレイボーン・ジャクソン(Anthony Claiborne Jackson)

ベースはアンソニー・クレイボーン・ジャクソン(Anthony Claiborne Jackson)

通称:アンソニージャクソン。 Anthony_Jackson

アンソニージャクソンはニューヨーク出身の「6弦ベース」の使い手で、

30年以上の活動経歴を持ち「ファースト・コール・ミュージシャン」。

リーリトナー、アル・ディ・メオラ、ミッシェルカミロ、デイヴウェックルなどの

ミュージシャンとの共演や多くのレコーディングへの参加をしている。

最近では上原ひろみ、サイモンフィリップスとのピアノトリオに参加。

オラシオ・エルネグロ・エルナンデス(Horacio El Negro Hernandez)

ドラムはオラシオ・エルネグロ・エルナンデス(Horacio El Negro Hernandez)

通称:オラシオエルナンデス

orasio

オラシオ・エルネグロ・エルナンデスは、キューバ出身で、

育った環境が自身の音楽に強く影響を与えドラムスタイルにもなっています。

 

ボンゴ・コンガ・バタドラム・クラーベ、これらラテンパーカッションのアンサンブルを

そのままドラムセットで表現することが、オラシオエルナンデスのグルーブの

原点になっています。

オラシオエルナンデスとアンソニージャクソンのコンビ

オラシオエルナンデスとアンソニージャクソンのコンビは、

ミッシェルカミロのピアノトリオで始めて知りました。

 

オラシオエルナンデスとアンソニージャクソンの息がぴったりな具合や、

トリオ3人の独特なラテンのリズムが非常にマッチしていて、

聴いていてとても気持ちが良いです。

 

個人的にミッシェルカミロ、アンソニージャクソン、オラシオエルナンデスは

「最強のラテンジャズトリオ」だと思っています。

 

ちなみにミッシェルカミロのピアノトリオは、アンソニージャクソンと

デイヴウェックルの時だったころもあります。

デイヴウェックルとアンソニージャクソンのコンビもとても素晴らしく、

個人的には好きなのですが、ちょっとタイト過ぎる感がありました。

 

でもアンソニージャクソンとオラシオエルナンデスの場合は、タイト差がなくなり、

ラテン特有の揺れ(ノリ)がとても素晴らしいです。

またアンソニージャクソンも、オラシオエルナンデスも、隙あらばバシバシと、

アドリブを入れてくるので、聴いているとちょー楽しいのです(^v^)

という事で、こちらの映像で堪能してください(笑)

  

  

コメント