ソンゴというラテンのリズムを考察

ドラム付録

 

ラテンリズムの一つに「ソンゴ」というのがあります。

決して韓国語ではありません。

 

ソンゴ(songo)というリズムは、ラテン音楽に用いられるリズムパターンの一つで、

発祥は70年代キューバのパーカッショニストである「チャン・ギート」という人が、

ソンやルンバなどの様々なラテンのリズムを、合体させて作ったリズムなんだそうです。

 

これをドラムに応用してさらにカッコよくしていったのが、スティーブ・ガッドや

ヴィニー・カリウタ、オラシオ・エルネグロ・エルナンデス、デイヴ・ウェックル

といったS級ドラマーさん達です。

 

中でもデイヴウェックルは「やり過ぎだろ!」と思うくらい、

このソンゴをありとあらゆるところで使っています(笑)

もう「ウェックルといえばソンゴ」みたいな感じです。

まぁ本人もきっと、相当好きなんでしょうね。

 

僕が初めてこのリズムを知ったのは、21歳くらいのときで、

デイヴウェックルのCDを初めて聴いた時でした。

それまで「ラテンはサンバだ!」という、かなりのアホな自分にとって、

大きな衝撃だったことは今でも忘れません。

そしてデイヴウェックルと共に、ソンゴもこよなく好きになりました(笑)

 

このリズムの特徴はバスドラとベースのリズムが、裏から入って頭をくっていくのですが、

これが非常にカッコ良いんですね。最初の頭をしっかりと入れるパターンもありますが、

全て裏から入るパターンの方が、玄人っぽくていいわけです(笑)

 

下の動画はデイヴウェックルが、ソロでソンゴパターンを使用しているバージョンです。

自分もソンゴをやっていて思ったのですが、ソンゴのリズムというのは

色々とアレンジがしやすく、ソロとかにも使えるので非常に重宝します。

 

ちなみにオラシオ・ネグロ・エルナンデスは、ソンゴパターンに

足カウベルでクラーベパターンを入れて、

笑顔いっぱいでドラムを叩くという素晴らしい人です(笑)

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました