ティンパニーに頭を突っ込む曲がある

ドラム付録

 

忙しい中にも、面白いものというのはたくさん転がっております。

その中で私が見つけたもの、それは・・「ティンパニーに頭を突っ込む曲」です。

そんな曲があったなんて知らなかったよ(笑)

 

ティンパニーってオーケストラの打楽器の中では、花形的な存在だと思うのですが、

まさか真面目なオーケストラで、しかもこんなドリフのような事が

実際に行われているのにはチョーびっくりです(笑)

 

このティンパニーに頭を突っ込む曲は、マウリシオ・カーゲルの

「ティンパニとオーケストラのための協奏曲」という曲で

ティンパニーが自己主張していい曲なんですね。

 

結構忙しそうに動いてて、何やらちょっとカッコいいような怪しいような・・・

実に目立つティンパニーです(笑)

しかし誰もがまさか、頭を突っ込んで曲が終わるとは思いもよりません(笑)

演奏終了直後も他の演奏者もチョーマジな顔しているから、

見てるこっちも笑うに笑えないという心境です。

 

大変、考えさせられる映像ですので、ぜひご覧になってみてくださいね♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました