アフロキューバン音楽におけるクラーベを考察

ドラム付録

クラーベ(clave)というのは、ご存知でしょうか。

クラーベとは、新たなローマ教皇を選出する選挙である

「コンクラーヴェ」の略称ではありません。

 

クラーベとはクラベス(拍子木)という楽器を使い、

こんなのです↓

アフロキューバン音楽(ラテン音楽)において、

テンポや基本リズムを構成する「ガイド(キー)」として

用いられるリズムパターンです。

 

日本で例えると、夏の風物詩「盆踊り」の太鼓の基本リズムである

「ドンドンドン・カカカッカ・ドドンガドン」

みたいな感じなのではないかと思います・・・(^^;)

 

ちなみにクラーベは、スペイン語で「鍵」を意味し、音楽的な意味での「キー」を意味します。

一方コンクラーヴェ(Con clave)も、「鍵がかかった」という意味を持ち、

カトリック教会の歴史の中で、何世紀も秘密を保持するため練り上げられてきたものです。

 

と、話は逸れましたが・・・

本日は「クラーベ(clave)」について考察してみます。

 

スポンサーリンク

クラーベの基本ビート

アフロキューバン音楽のクラーベには、「ソン・クラーベ」「ルンバ・クラーベ

6/8クラーベ」という3つの代表的なパターンがあります。

更に「ソン・クラーベ」と「ルンバ・クラーベ」には、最初の小節に3つ、

2番目の小節に2つの音符がある「3-2クラーベ」、最初の小節に2つ、

2番目の小節に3つの音符がある「2-3クラーベ」というリズムパターンがあります。

ソン・クラーベ

ソン・クラーベはキューバのポピュラー音楽で、最も一般的なクラーベのリズムです。

ルンバ・クラーベ

ルンバ・クラーベは、ルンバを中心とする黒人系舞踏音楽のスタイルに

関連して用いられることが多いです。

ソン・クラーベとの違いは、3-2でいう所の3つ目の音符です。

6/8クラーベ

「6/8 クラーベ」は西アフリカ方面の、3連符系リズム(12/8拍子)を適用したもので、

主に民族音楽スタイルで演奏され、クラベスではなくカウベルでリズムを出しています。

キューバ音楽以外でのクラーベ

キューバン音楽以外では、クラーベというものは無いのですが、

アフロキューバン音楽のクラーベによく似たガイドリズムがあります。

代表的なブラジルのサンバやボサノヴァです。

ボサ・ノバになるとドラムセットを使っての演奏が多いため、

上記のリズムは、スネア(リムショット)を用いて行われます。

アフロキューバン音楽の本来のスタイル

本日はアフロキューバン音楽の基本である、クラーベについて考察しましたが、

アフロキューバン音楽は、クラベスの他にボンゴやコンガ、ティンバレスなど、

様々なパーカッションが合わさって、一緒に演奏するのが本来のスタイルです。

 

ドラムでアフロキューバン音楽を演奏する場合は、クラーベのリズムパターンも含めた

各パーカッションの要素を取り入れたリズムパターンとなります。

アフロキューバン音楽を演奏する場合の、ドラムの基本パターンがあるので、

次回にでもご紹介したいと思います。

 

アフロキューバン音楽はルーツも含め非常に奥が深く、

全てを網羅するには現地に行って、何年間も勉強するしかありませんが、

ほんのさわりの部分だけでも知っておくだけで、ドラムの向上に活かす事ができるので、

ぜひ「ラテンドラム」にもチャレンジしてみてください♪

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました