ジャズドラマー「ジェフ・ハミルトン(Jeff Hamilton)」

ドラム雑学

 

ジェフ・ハミルトン(Jeff Hamilton)は、生粋のジャズドラマーであり、

ジャズの世界では非常に高い評価を得ているドラマーです。

ジャズ屋さんで、ジェフ・ハミルトンを知らないという人はいないでしょう。

スポンサーリンク

ジェフ・ハミルトン(Jeff Hamilton)の経歴

ジェフハミルトンの経歴は、1974年にジャズ・ヴィブラフォン奏者の

ライオネル・ハンプトンとの演奏、1975~1977年までは

モンティ・アレキサンダーのトリオに2年間メンバーとして活躍しています。

 

1977年~1978年はウディ・ハーマンのオーケストラにて演奏。

1983年~1987年ではエラ・フィッツジェラルド、ローズマリー・クルーニー

カウント・ベイシー・オーケストラ、モンティ・アレキサンダーなど

数々のジャズアーティストと共演。

 

1990年代に入ってからは、オスカー・ピーターソン・トリオや

レイ・ブラウン・トリオなどで世界ツアーをするなど、

現在も活躍している実力派ジャズドラマーです。

ジェフハミルトンの素晴らしいドラミング

ジェフハミルトンのドラミングは、スティックコントロールが完璧なので、

強弱のつけ方がとても素晴らしく、楽器全体のバランスも良いんです。

さらに体が大きいのに(笑)、表現力がとても豊かなので、聴いていてとても心地が良いです。

 

私がジェフハミルトンのドラミングで、一番好きなのはブラシワークです。

色々なドラマーのブラシワークを見ていても、ジェフハミルトンのブラシは

一番心地よく聴こえ、とても参考になります。

表現力豊かなジェフハミルトンだからこそできるブラシです。

 

ちなみに余談ですが、ジェフハミルトンで検索すると「バラ」の名前として出てきます(笑)

イングリッシュローズという種類のバラで、非常に病気に強いのだとか。

スペルは「Geoff Hamilton-ジェフ ハミルトン」。

こんなのです↓

geff

 

ジェフハミルトンの素晴らしいドラミングはこちら♪

 

 

コメント