YAMAHA「Hipgig.Sr」というドラム

楽器・道具

 

主にアコースティックやジャズで使っている

YAMAHAのドラムセット「Hipgig.Sr」をご紹介します。

 

 

このYAMAHA「Hipgig.Sr」は、ジャズドラマー「アル・フォスター(Al Foster)」の

シグネチャードラムで、「バスドラム18″×22″」「タムタム14″×8 1/2″」

「タムタム12″×6 1/2″」「スネアドラム13″×5″」という小口径のドラムセットです。

 

この兄弟ドラムとして、「Hipgig」があります。

こんなの↓↓↓

サイズが「Hipgig Sr」よりも小さく、「バスドラム16″×20″」「タムタム13″×7″」

「タムタム10″×6″」「スネアドラム12″×5″」となっており、

デイヴウェックルが一時期使っておりました。

 

どちらも特徴として、バスドラムの中にタムとスネア収納して、

持ち運びができるという画期的な商品なのです。

しかし一見便利に感じるこの持ち運びは、実はそんなに便利ではなく、

全部を入れて持つと、かなりの重量があるので、決して持ち運びは楽ではありません。

 

音はかなり鳴ります。音色も悪くはありませんが、チューニングが難しい感じがあります。

またバスドラはかなりの長胴なので、サスティンがかなりあり、良し悪しな感じです。

そこそこ使えるドラムではありますが、まだ完全にモノにできていません。

 

購入経緯はジャズをやるためだったのですが、

ジャズをやるなら普通のを買った方が良いですね。

まぁこれはこれで面白いのですが・・・。

 

ちなみに組み立てたセットは、

何となくピッコロ大魔王の宇宙船に似ています。

   

 

コメント