自分に合うドラムスティックを見つけよう

楽器・道具

 

ドラムスティックはドラムを叩く上で、また自分の思いをドラムに伝えるための

絶対に必要なアイテムであり、安易に妥協できないものです。

でもたくさんの種類があって、特に最初のうちはどれが良いのかと迷います。

ここでは私の経験をもとに考察しています。

スポンサーリンク

スティックにも色々な形や長さ、太さがある

私は小学校の時、吹奏楽で打楽器をやっていたので、その時は学校で支給されていた

YAMAHAのスティックを使っていました。しかしその後、ドラムを習い始めると、

他のスティックも使ってみたくなり、色々と試すようになります。

 

しかしスティックは、長さや太さ、チップの形、重量など、多種にわたってあり、

小僧の自分にはジャンルによって違ったリ、どれが自分に合っているかなんて

さっぱりわかりません。当時のドラムの先生に進められたものもありましたが、

結局は、メーカー問わずに色々なものを試していました。

TAMA「YOSHIKI」モデル

スティックに迷走しながらも、高校のころはYOSHIKIフリークだったので、

TAMAのYOSHIKIモデルのスティックを使っていました。

黒色がとにかくカッコ良かったのですが、私は手の汗を結構かくので、

ニスコーティングがよく滑って使いずらかったです。

YOSHIKIスティックにはもう一つ、汗でも滑らない特殊コーティングを

されたものもあるのですが(写真下)、削れてくると非常に汚いスティックへと

変貌してしまう事や、費用も高いという理由で長続きはしませんでした(^^;)

Vic Firth「DAVE WECKL」 モデル

その後は色々とまた試していき、ちょっとJAZZを始めたからという理由で、

チップをとんがりのモノにしてみたりしましたが、「コレだ!」というものはなく・・・。

 

そんな時にデイヴウェックルを知って、

当然デイヴウェックルのスティックにも興味を持ちます。

デイヴウェックルのスティックは、ヴィックファースのシグネイチャースティック

ということを知り、色々と調べて迷うことなく購入しました。

 

デイヴウェックルのシグネイチャースティックには、

チップが俵型で胴体が赤茶のものと、チップがたまご型で胴体が黄色のものと

2種類あるのですが私は黄色の方を購入しました。

 

「重さ、長さ、握り心地、鳴り」など、すごく自分の理想に近く良かったのですが、

一つだけ残念だったのは、ニスコーティングされているために、

手に汗をかくとやっぱり滑るんですよね・・・。

 

どうも昔からニスコーティングは苦手で、滑って落とす事もしばしば(-_-;)

これでは実践で使っていくのはちょっと不安だなぁ思い、結局悩んだ末に、

デイヴウェックルのシグネイチャースティックはやめました。

しかしやっぱり手にしっくりと来る感じが忘れられず、

何とか近いものが無いかと探し始めます。

Vic Firth「5A」は世界標準スティック

そうしたところ、同じヴィックファースの標準スティックモデル「5A」が

一番近い感覚だったので、取りあえず5Aを使う事にしました。

若干の違いはあるものの、それほど違和感を感じなかった事や、

ニスコーティングされていないスティックなので、汗でも滑る事がなく、

気づくともう10年以上メインで使っております。

スティックを色々と使ってみるのは良い経験になる

このようにスティック選びは、実に難しいです。

憧れのドラマーのを使い続けていくうちに、それが自分の一番良い

スティックになるという事もよくあります。

しかし僕のように汗の悩みなどがあるとすぐには決められません。

また重さや長さ、チップの形状などは、色々と試すからこそ、

知ることができるというのもあるので、色々なスティックを経験するのは

良いのではないかと思っています。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました