自衛隊の音楽まつりにて思う事

雑記

417

 

先日の土曜日に自衛隊の音楽まつりを見に行ってきました。

年に一回行われるこのイベントは各音楽隊が一同に集まり、

各部隊のそれぞれの企画した演奏や合同演奏などしています。

 

私は毎年見にいっているのですがその中で感じる事は、

だんだんと「楽しさ」というものが無くなってきているように思います。

以前はもっと陽気な曲をやったり踊ったり歌ったりと本当に楽しい音楽まつりでした。

だから見ていても時間もあっという間に過ぎていきます。

 

しかしここ最近は言葉は悪いですが「軍隊ムード」一色というようなイメージ。

情勢が不安定だし政権が変わり、自衛隊の立場も大きく変わろうとしています。

そんな煽りからなのか、音楽まつりの楽しさも無くなってきています。

 

先日の演奏でも堅苦しい曲ばかりで、常に訓練や支援などの映像を流しています。

自衛隊の活躍を知ってもらおうという所からの流れだとは思うのですが・・・。

それはそれでいいんですが、始まってから終わりまでずっと流れている映像。

そしてそういう映像に合うような楽曲。

まるで洗脳でもされるんじゃないか? というくらいの印象を受けました。

 

もちろんこういうのが好きという方もいらっしゃるでしょう。

でも大半の人は純粋に楽しい演奏を見に来た人達ばかりです。

楽しい一時を過ごしたいんです。そしてそれを毎年楽しみにしています。

「自衛隊とは何か?」という勉強や議論をしに来ているわけじゃないんです。

 

自粛するくらいならやめたほうがいい。

洗脳の真似事はやめてほしい。

音楽まつりなのだから純粋に「楽しい」という事に、

焦点をおいてほしいと思うわけです。

 

自衛隊は今の自衛隊の立場じゃダメなんでしょうかね。

軍隊にはなってほしくはないな。

 

コメント