雑記

大事な人たちがこの世を去っていきました。

 

久々の更新です。

新年を迎えて気持ちも前向きに、仕事をしている最中、

訃報が立て続けに入ってきました。

 

僕は今の仕事をする前は、とある社会福祉法人で

知的障がい者支援の仕事をしていました。

そこに通われていた利用者さんが立て続けに亡くなったんです。

 

特別、何かがあったわけではありません。

病気だったり寿命だったりというのが重なってしまったのですが。

当時、一緒に仕事したり遊んだりと、

思い入れのある利用者さん達でもあったため、

訃報を聞いて非常に大きなショックを受けています。

 

昔から明るくて元気だったし、

まさか急に亡くなるなんていうことも、

想像すらしていませんでした。

 

でも障害を持った方たちというのは、障害だけではなく

身体全体を見ても健常者よりはるかに弱いんです。

だから寿命だって短いし、いつ事態が急変してもおかしくないんです。

 

そういった現実を見ようとしなかったのか、

単純に忘れてしまっていたのか・・・・

訃報を聞いたのも葬儀など全てが終わった後で、

最後にお別れを言えなかったのが、非常に悔やまれます。

 

またこまめに連絡を取っていたらと、

自分と周囲との希薄な関係性にも、

とても後悔しています・・・・。

 

亡くなったお二方、この場を借りて

ご冥福をお祈りいたします。

そして最後にお別れを言いに行けず、本当にごめんなさい。

 

 

今回のことを無駄にしないように、

今後は自分の希薄な人間関係をしっかりと見直していきます。

 

-雑記
-,