雑記

ハッカはなぜスースーするの?

leaf_mint

ハッカはペパーミントとも呼ばれるハーブの一つなのですが、

嗅ぐとなぜスースーするのでしょうか?

「そんなもん、メントール成分が入っているからだ」と言ってしまえば、

それで終わってしまいますが(笑)

 

でもメントールというのは、なぜひんやりと感じ、

スースーするのか気になりませんか?

取りあえず、個人的に気になったので調べて見ました(笑)

 

メントールって何?

メントールとはハッカ油の主成分であり、揮発性の高い結晶体です。

主にハッカ油から摘出されるのですが、最近では合成で作られるのも多いんだとか。

なぜ冷たく感じるのか?

湿布薬などには必ずメントールが入っていますけど、貼ると冷たく感じますよね。

この冷たさが「シップが効いている」と思っちゃうわけですが、

実はメントール自体が冷たいわけではないんです。

 

皮膚の表面にある冷たさを感じる細胞「TRPM8」というのが、

メントールによって活性化されることによって「冷たい」と感じるんです。

そして「冷たい=スースーする」というわけです。

つまり脳がメントールによって勘違いをしているワケなんですね。

またメントールの独特の香りも、相乗効果をあげているんだとか。

 

ちなみにメントールの冷たいと感じるのと、水分が蒸発する事で

スースー感じるものは別物です。

水分の蒸発でスースーするのは気化熱によるものです。

 

またメントールと逆の働きをするのが、トウガラシの成分「カプサイシン」です。

これも脳が勘違いして「熱い」「暑い」と思ってしまうわけですね。

 

メントールって医学的な効果あるの?

メントールってただスースーするだけで、効果はあるのかって事なんですけど、

抗炎症、抗菌、血行促進、血管拡張などの効果があります。

 

取りあえずメントールによって「冷たい」と、

騙されてしまうので体感温度は下がります。

ですので、痛いところというのは熱を持っているので、

温度を下げて、炎症を抑える効果が発揮されます。

 

代表的なのは湿布ですね。

もっとも湿布は、メントール以外の成分も入っていますから、

ただの騙し冷やしでは治療に限界があるのでしょう(笑)

 

またスースー効果が素晴らしく発揮されるのは、鼻づまりの解消です。

血行促進と血管拡張の効果が、鼻づまりを緩和させているんですね。

代表的なものと言えば、我が家では「ベポラップ」が重宝しています。

これはフタを開けただけで、鼻の開通が良くなりますから(笑)

ただちょっとベタベタするのは、改善してほしいですね(^^;)

 

その他メントールの治療効果以外では、

清涼感があるとか香料とかが挙げられます。

 

さて、メントールについて大雑把に調べて見ましたが、

メントール効果が、単純な脳の勘違いによるものだったなんて驚きです。

まぁでも、あのスースーが不快を改善してくれるわけですから、

脳が騙されるのも悪くないなと(笑)

 

-雑記
-, , ,