本の内容を理解するには理解力が必要だけれど・・・

雑記

 

本というのはとても素晴らしいもので、様々な知識を得ることが出来ますよね。

でもただ本を読むだけでは何も得られず、知識を得るためには、

自分で内容をしっかりと理解できる「理解力」が必要となってきます。

 

この理解力というのは、色々な本を読んでいく中で身に付いていくものですが、

同じようなレベルの本ばかりを読んでいても、そのレベルにとどまったままとなります。

ですから次のレベルに上げようと思ったら、もう少し難しい本を読む必要があります。

 

自分の持つ理解力を「初級・中級・上級、超上級」の4段階で表したとして、

今の自分は中級くらいのレベルだとします。

もう少しレベルを上げようと、次の階級である上級のものにチャレンジします。

でも上級は今までの時限とは違って、当然難しくて一回では理解できません。

 

だから何度も読んで、理解力を高めようとするわけですが、

やっぱり難しくて理解できないために、途中で嫌になる事があります。

せっかくレベルを上げようとチャレンジしたのに、難しすぎて嫌になって

諦めてしまうのは非常にもったいのない事です。

 

ではどうすればよいのかというと、上級の本は一度置いておいて、

さらに上の超上級の本を流し読みでもいいので読んでみましょう。

当然、超上級なので、全く分かるわけもありませんし、

流し読みですら精いっぱいとなる事もあるでしょう。

でもそれでいいんです。

 

さてその後に、一度置いておいた上級の本を読んでみてください。

「おや?あれ?」と思うはずです。

理解できなかった上級の本が、何となく理解できるようになっているはずです。

少し理解できてきたおかげで、今度は繰り返し読もうという気持ちも復活します。

ここまで来ると、理解力は急激に高まるわけです。

 

この方法、私も最近やっている本の読み方なのですが、

なぜだか説明はできませんが、効果があるんですよ♪

 

誰かに教わったわけでもなく、自分でこうやったら、

「レベルが上がるんじゃないか」と思ってやってみたわけです。

そうしたら「あれ不思議!」という(笑)

 

ただよくよく考えてみると、ドラムの練習や曲を覚える時などで、

同じような事をいつもやっていたことに気づきました。

難しいフレーズなんかを覚えたい時に、

到底読めそうもないクラシックの譜面を見てみたり、

音が非常に混みあった聴き取りにくい曲を聴いてみたりとか(笑)

 

何かの壁にぶち当たった時に、こういう3つ4つ上のレベルに、

敢えて身を置く経験って、誰でもあると思います。

その時、「どうせわからないしできない」からって、

ある程度開き直れますよね(笑)

でも、何だかんだと模索します。

 

それがレベルを上げる上で有効な手段となっているわけですね。

本を読むことで、あらためて最近、気づいたことでした。

 

コメント