手足口病の後遺症がイヤになる

雑記

 

前回の更新から半月ほどたちました。今日で8月が終わります。

結局、手足口病のせいで、新沼謙治さんのライブには参加できず、

各関係者の皆様に多大なるご迷惑をおかけしてしまいました・・・。

 

痛みを我慢してでも出ようと思っていたのですが、

色々な事を考え、断腸の思いで降板を決意しました。

自分自身とても意気込んでいたのもあり、出られないショックも大きく、

最近までずっと気分が、どんよりとした状態でありました。

 

それにしても手足口病、中々に辛い病気でした。

熱こそ高熱ではありましたが、1日程度で下がりましたが、問題はその後!

手足に少しずつ湿疹が出始め、段々と痛みと痒みが出てきます。

最初は「こんなもんか」と、余裕をかましておりましたが、

次第にとてつもない痛みと痒みが休むことなく続きます。

 

夜も寝れず、手足のちょっとした刺激にも、耐えられないほどの激痛が走るので、

物も持てず歩くのも辛い、お風呂は水シャワーといった状況が、

約1週間続きました(-_-;)

 

手足口病は特効薬が無いため、病院に行っても「自然に治癒していくまで我慢」

というのが基本スタイルです。

 

一応、痛み止めと痒み止めの薬も出ますが、ハッキリ言って効きません。

とにかく黙っていても手足には激痛がある為、次第に動くこともやめ

ご飯を食べる気力さえ失われます。

ただひたすら、痛みから耐えるのみしか道がありませんでした。

ちなみに手足には湿疹ができましたが、口には口内炎1個でした(笑)

 

僕の場合かなり重症化したらしく、治りが通常より遅いようです。

湿疹が消えるまでに10日ほどかかりました。

また今度は、湿疹が出た部分の皮膚の皮がどんどんむけ、

見るも無残な手足となっています・・・・(-_-;)

 

★before

☆after

 

手足口病発症から約3週間、未だに体力も戻らず、

手の皮がむけて痛くてドラムも満足に出来ず、

とんだ8月となってしまいました・・・。

 

大人になってからの手足口病、本当にシャレになりません。

いつまでもズルズルと後遺症に悩みます。

普段から体力をつけて、免疫力を高めていく事でしか予防ができませんが、

子どもさんがいる家庭は注意しましょうね!

ちなみに大人が手足口病を発症する確率は、約0.8%ほどだそうです・・・(^^;)

 

それにしても6月は飛蚊症と若年性白内障を発症し、

7月は頭痛と腰痛にひたすら悩まされ、

8月は手足口病・・・

なんだかずっと体調面でのアクシデントが続いております。

 

きっと明日からの9月は人生ウハウハだ!!

でありたい・・(笑)

 

コメント