ふしぎなおきゃくという絵本を子供と一緒に読んでいます♪

雑記

仕事が早く終わる日の夜は、子供達に絵本の読み聞かせをしています。

最近子どもたちの間で、ブームなのが「ふしぎなおきゃく」という絵本です。

何度か図書館から借りてきており、今回で3回目くらいでしょうか。

 

 

この「ふしぎなおきゃく」という絵本は、私が子供達と同じくらいの時に、

母親から読み聞かせてもらっていた絵本で、とても印象深い絵本です。

ほぼ毎日読んでもらっていた気がします。

 

なんだか世代を超えて同じ絵本を、自分が読んであげている事に

不思議な感覚を感じますが、その内容がまた何とも言えず面白いのです。

 

「ふしぎなおきゃく」とは、「とんちんけん」という評判の良い、

ラーメン屋さんに食べにくるおきゃくのお話です。

そのおきゃくは、いつもらーめんをひと口ほど口にすると残して帰ってしまいます。

他のお客はスープまで飲み干していくのに、その「おきゃく」だけ残していくので、

「とんちんけんのけんさん」は、気になって気になって、

ついにその「おきゃく」の後をつけていく事にすると・・・・というお話です。

 

子ども心に、ラーメン屋さんの美味しそうな雰囲気が絵からも伝わり、

その「ふしぎなおきゃく」の不思議具合にどんどん引き込まれていきます。

絵本は一度読むと内容も分かるし、すぐ飽きてしまう事も多いのですが、

「ふしぎなおきゃく」は、何度読んでも飽きません。

実際、私が今子供たちと一緒に読んでいても、飽きないのですから(笑)

 

子供達のあまりのハマりっぷりに、この何十年も前の絵本を購入しようかと思い、

何か所かのBOOK OFFで探しているのですが、中々見つかりません。

こりゃ参ったなぁと色々と調べていたら、どうやらリニューアル版が出ているようで、

新品もある所にはあるそうなので、今度は普通の書店で探してみようと思います♪

 

 

さて2018年も明日で終了です。

2019年はどんな年になるのでしょうか。

小さいな事でも少しずつ、自分の夢を叶えていけたらなと思います。

 

ブログをいつもいてくださっている皆さま、

今年1年どうもありがとうございましたm(__)m

また来年も読んで頂けたらと思います。

皆さまもどうぞ、良いお年をお迎えくださいませ。

 

コメント