除雪を一般的な言葉でいうと雪かき?雪はね?

雑記

今年は雪が少ないなと思っていたら、そんなことはありません。

地域によって差はあると思いますが、私の地域では、ほぼ毎日モリモリと雪が降って、

おおよそ例年通りになった気がします・・・。

 

さて雪が積もったらやる事といえば、「雪はね」ですよね?

あれ?何かおかしいですか?

実は「雪はねって何?」って聞かれるくらい、

世間では一般的な言葉ではないようです。

 

私は小さいころから「雪はね」ってよく耳にしていたし、

今でも当然のごとく使っているごく一般的な言葉なのですが・・・。

北海道の方言だろうと思っていたら、実は北海道でもあんまり言わないようで、

お天気ニュースなんかでも「明日は雪かきが必要です」って、

「雪はね」ではなく「雪かき」と言っています。

 

私は生まれも育ちも北海道で、それほどカントリーでもない場所なのですが、

なんでうちだけずぅ~っと「雪はね」って言っているんでしょうか(笑)

一体どこで流行った言葉なのでしょうかね?

 

 

カーリングでブームになった「そだね~」をはじめ、

北海道弁として一般的にもよく使われているのは、「しゃっこい(冷たい)」とか、

「〇〇だわ~」とか「体がこわい(体が疲れる)」「あおたん(あおいアザ)」

「うるかす(浸す)」などではないでしょうか。

 

ちなみに私がわりとよく使う北海道弁は、上記の言葉の他に、

「はんかくさい(あさはかではずかしい)」「じょっぴんかる(鍵をかける)」

「だはんこく(駄々をこねる)」「めんこい(かわいい)」です。

「だはんこく」や「めんこい」は、よく子供に使います(笑)

 

というわけで、本日の雑記でしたm(__)m

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました