コロナ禍の中で

雑記

コロナ禍はいつまで続くのだろう・・・。

戦争や天災、そして今回のコロナ感染など、世界的な恐慌になってくると、

真っ先に要らない職業が音楽や芸術だ。

音楽も芸術も、所詮は娯楽の部類であって、余裕があるからこそ受け入れられるものだ。

 

正直、この状況はキツイし辛い。

フリーランス向けの給付金やらも、ほぼあてにできる状況ではない中で、

いつまでもダラダラと長引いていく現状。

 

コロナは危険なウイルスというのは、きっと多くの人は分かっている。

でもステイホームと言われていても、安心した保障がないから

仕方なく仕事をしている人達はたくさんいる。

コロナで命を落とすのか、生活が出来なくなって命を落とすのか、

そんな不安を抱えながら生きている人はたくさんいるのだ。

 

自分は一度、音楽の道は挫折した身。

そんな自分を恩師に拾ってもらって今がある。

2度の挫折は味わいたくないし、自分にとって天職とも思えるこの仕事は、

できる事なら続けていきたいけれど。

自分が独り身であれば、何とでもなるのかもしれない。

でも今は守りたい家族がいる以上、色んな事を考える。

 

あともう少しだけ、抗ってみよう。

 

ただやっぱり今はステイホームだ。これは本当に大事だと思う。

そして早くに終息することを切に願う。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました