雑記

アウトプットするという事

2016/12/14

yorokobu

私は某福祉事業所の理事をやっており、もう3年ほど経ちます。

まぁ理事といっても、たいそうな事では全然なく、

私が最初に持っていたイメージとはかけ離れています(笑)

 

理事の役割は年に数回集まり、その事業所の運営方針や決算の話し合うのですが、

私以外の理事さんは、みなさんやりての経営者ばかりです。

また人生経験も豊富なので、皆さんと会うととても刺激的で、

様々な事を吸収できるのでとてもありがたいです。

 

ただ私せっかく良いものを吸収しても、

それをアウトプットするのがあまり得意ではありません・・・。

どれだけ良いものを吸収しても必ずアウトプットをしないと、

自分のものとして結びつかないんですよね。

 

アウトプットって誰かに「こんなことあったよ~」って、

そのまま伝えてもあまり意味がないんです。

吸収したことをしっかりと自分の中のフィルターを通して(理解するという事)、

加工(自分なりの考えを示すという事)して出す。

それがアウトプットだと思います。

 

このアウトプットが出来る人は仕事も上手です。

そしてしっかりと信頼も得られます。

 

-雑記
-, , , ,