ドラムソロについて考察

ドラム練習帳

 

曲中にあるドラムソロをどのように捉えていますか。

「曲に合ったソロ」をやりますか。それとも「行き当たりばったり」でしょうか。

これによって曲の雰囲気や、聴き手側の印象が大きく左右します。

スポンサーリンク

ドラムソロに決まりはないけれど

ドラムソロは「こうしなさい」というような決まりはありません。

基本的には自由にやればいいわけです。

 

ですからドラムソロに入った瞬間、何かのスイッチが入ったかのように、

これでもかというくらい激しくやる人もいます。

また曲中なのにも限らず、いつまでも長いソロをやる人もいます。

 

それはそれで有りなのかもしれませんが、曲そのものを壊してしまうようなソロだったり、

場の空気をシラケさせるようなソロは、どうなのかなと思ったりします。

ドラムソロで、自分のテクニックを大いに見せつけたいのであれば、

自身が主催のドラムセミナーを開けばよいのです。

主役は曲であってソロじゃない

曲中のソロは主役ではありません。あくまでも曲が主役です。

ですからその曲に合った構成のソロの方が、すっきりと完結しやすく曲が映えます。

曲は一つのストーリーなわけですから、それを壊してしまうようなソロだと、

ただの「独りよがり」「目立ちたがり屋」と思われてしまいます。

 

しかしソロの長さによってだったり、次の展開がそれまでと全く変わるものだったら、

変化をつける為に、ちょっと変わったソロもアリだと思います。

テーマに沿ったソロ

ジャズの4バースの場合は掛け合いですので、その時々で変わります。

テーマ分のソロなどの時には、テーマっぽく聴こえるソロをやる人もいます。

 

ドラムはギターやベースとは違って、コードといのが無いので、

テーマに沿ったソロをやる場合、メロディのリズムをドラムセットで表現する事になります。

これをいかに「あ~!」と分かってもらえるかがポイントです。

 

ちなみにジャズドラマーのマックスローチは、テーマソロが非常に上手です。

音楽的表現が豊かなソロを目指す

ドラムソロをやる場合、これといった気まりはありませんが、

ただ闇雲にやればよいというわけでも、「何小節やればいい」というわけでなく、

曲の事を考えているソロであったり、「次に橋渡しを出来るようなソロ」であるほうが、

「音楽的表現が上手だな」と思われると思います。

 

その為にも日々の練習はもちろんですが、上手い人のソロをよく研究したり、

色々な曲を聴いていく事です。

上手い人は何をやっても許される

上手い人はある程度、何をやっても許されます。それだけ聴いていても飽きの来ない、

聴いている側の興味をそそるような事をしているからです。

 

下手だと聴いていられないわけです。聴いている方が虚しくなってくるのです。

ここは重要なポイントです。

 

コメント