ジャズブラシ奏法のすゝめ

ドラム練習帳

ブラシ奏法とは、主にジャズで行う奏法で、

ブラシというものを使って演奏します。

 

 

このブラシを使って、スネアの打面上を「シャ~コ、シャ~コ」とやります。

もちろんジャズ以外でも、アコースティック系やバラード、ボサノバなど、

多岐に渡って何かと便利に使えます。

 

バリバリロックオンリーの人には、まったく必要のないものです。

しかし色々とやりたいという人には、ブラシは便利なので本当に重宝します。

スポンサーリンク

ブラシの練習法

ブラシの練習法の基本は、スティックの時と同じです。

ブラシでひたすらルーディメンツをやりましょう。 

 

ただスティックと違ってブラシは重心も取りずらく、

叩いてもスティックのように跳ねないので、

ブラシでルーディメンツをやると、手首や指先の強化になります。

 

もう一つジャズでよく耳にする「シャーコシャーコ」という音は、

スネアの上をブラシで掃除(笑)するのですが、これを「スイープ」と言ったりします。

これも基本的な動きがあって、教本でもブラシの動きを書いたものがありますが、

正直、結構分かりづらいですし、音と動きのイメージやがつきづらいです。

 

ですので実際にブラシをやっている人の動きを見ながら、

一緒に手を動かすのが一番早く覚えられます。

 

ブラシ奏法は基本形があっても、人によって結構面白い動きをしている人もいるので、

気になった人のマネをするのも早く覚えるコツです。

ちなみに私は「ジェフハミルトン」のブラシ奏法がとっても好きです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました