苦手なリズムやフィルインを克服するには?

ドラム練習帳

 

ドラムをやっていても得意なジャンルやフィルイン、リズム、ノリ・・・

苦手なジャンルやフィルイン、リズム、ノリ・・・等があります。

世の中には「苦手な事なんてない」っていう天才ももちろんいますが、

ほとんどの場合は苦手を克服するために日夜、一生懸命に練習します。

 

でもどれだけ練習してもいつまでも苦手が、克服できないって事あります。

これはもう意識的な問題で、「苦手なものは苦手」と、自分に暗示をかけてしまっている

状態ともいえます。こうなると、どれだけ練習していても、意識が変わっていないため、

いつまでも苦手のままとなってしまいます。

 

ここでは苦手なリズムやフィルインの克服に、フォーカスを当てて考察します。

スポンサーリンク

苦手が嫌いになったら

私もこの状態に陥ったことがあるのですが、まず苦手が嫌いに変化していたら、

それはもうやめるべきです。嫌いなものは絶対に上達しません。

そういう時は一度離れてみたほうが良いです。

 

そして気持ちのほとぼりが冷めたころ、もう一度向かい合ってみてください。

意外とすんなりと出来ちゃったりします。

 

時間が経過する事で嫌いから普通、または何も感じない、もしくは好きになる事があります。

これは人間関係にも言える事ですが、もう許せないくらい嫌いになった相手を

何十年も憎しみ続ける事ってそうそうないと思います。(そういう人もいますが・・・)

多くは、時間の経過とともに、何も思わなくなっていきます。

苦手だけど嫌いじゃない

苦手だけど嫌いじゃないという場合は、リズムであってもフィルインであっても、

最低限の骨組みだけ残して、思いっきりバラバラにしてみましょう。

耳で聴いたフィーリングでもいいです。簡潔にしたリズムorフィルを、

実践で何度も何度も使います。そしてたまに、本物のリズムもよく聴いておきましょう。

 

そうすると不思議な事が起こります。いつの間にか簡潔にしたリズムやフィルに対して、

自分で難しくしようと考え、手足が動くようになってきます。

そうなってきたらもう一度、本家のリズムやフィルに挑戦します。

 

「おや?おやおや?」ってな具合にできるようになっているはず♪

ジャンルやノリに関してはまた後日。

 

コメント