スネアのチューニングについて考察

ドラム練習帳

 

ドラムで悩むことと言えば、テクニックもそうなのですが、

チューニングについても結構悩みます。

チューニングは難しいわけではないのですが、ドラムのチューニングは楽器の特性と、

音が抜けるポイントというのがあり、これを知っているか知らないかで

心地よい音作りに影響を与えます。でもこれはある程度、経験をしないと掴めないものです。

 

という事で本日はスネアのチューニングについてのちょっとした考察です。

スポンサーリンク

スネアドラムのチューニング方法

一般的にドラムはチューニングキーというものを使い、リムについているナットを回して、

締めたり緩めたりしてチューニングをしていきます。

基本的に締めていくと→音色は高くなり、緩めると→音色は低くなります。

 

私の場合はまず指で、締められるところまで打面も裏面も締めていきます。

その後は対角線上にをちょっとずつチューニングキーを使って均等に締めていき、

両面共にある程度締めたら、今度は底面の方から微調整していきます。

 

私の場合、底面はわりと張りぎみにします。

ちなみにスネアの底面のヘッド(スネアサイド)は、伸びやすい材質なので、

張りすぎると、いざ緩めた時に延びきったままの状態になるので注意が必要です。

打面側のヘッドチューニング

打面側ですが打面側も少し張りめに調整しています。しかしあまり張りすぎると、

空気が抜けない詰まったような音になるので、やはり張りすぎには注意が必要です。

 

両面共に一通り終わったら、理想の音に近いかを細かくチェックし、

スナッピースイッチを入れて、底面のスナッピーの両サイドのナットを調整します。

スナッピー両サイドのナットは、締めすぎるとスナッピーの音を拾いすぎて、

叩いていなくてもほかの音で響いてしまいます。ですのでこの部分の微調整も結構大事です。

 

私のスネア音色はわりと高めで、基本ノーミュートです。

音色を変えたい場合は、打面側で調整していく方がいいと思います。

と以上が私のやり方で、所要時間は10分くらいです。

ちなみに打面ヘッドはコーテッドアンバサダーです。

スネアチューニングのまとめ

スネアによってはナットの数が違う場合もあり、またヘッドの種類によっては、

材質が硬め柔らかめといった事もありますが、基本的なチューニング方法は同じです。

ただヘッドの材質によっては、締めていく感じが変わります。

 

ちなみにチューニングのコツというのはありませんが、

ナットの数が多いスネアの方が、チューニングはしやすいと思います。

こればかりは、ただひたすら経験して感覚で覚えるしかないです。

 

チューニングにおいて一番大事なことは、出したい音のイメージを明確にしておく事です。

ここがブレていると、チューニングは決まりません。

好きなドラマーの音が理想な場合は、スネアは何を使っているのか、

ヘッドは何か、スティックは何か、叩き方は?などなど、

色々と研究しておくと、チューニングの参考になります。

 

コメント