ハーフタイムシャッフルは奥が深いリズム

ドラム練習帳

 

ハーフタイムシャッフルは、かのジェフポーカロが、TOTOの楽曲「ロザーナ」で、

一躍有名にしたリズムパターンであり、ドラマーなら誰もが練習し、

そして誰もが叩けるといわれている王道のリズムパターンです。

 

ハーフタイムシャッフルのリズム自体は、それほど難しいものではありません。

普通に意識せずにやれば誰でもできます。

 

でもロザーナにおける、ハーフタイムシャッフルの重要な部分はノリと音の強弱です。

ハットの「チッチチッチ」という部分を、ハッキリと聞こえるように

田舎クサく叩くのではなく、「チッ(チ)チッ(チ)」と頭だけが聞こえるような感じで

叩くようにするのと、スネアのゴーストをいかにキレイに入れて行くかが、

上手い下手の分かれ道となります。

 

このノリと音の強弱が、リズムのグルーヴを大きく左右するんです。

そしてこれらを意識して叩くと、一気に難易度が上がります。

 

ちなみにコツなんていうものはありません。

ただ地道にゆっくりなテンポから一つ一つ丁寧にやるのみです。

しいて言うならスティックコントロールが、どれだけできるかという事なので、

取りあえずルーディメンツをしっかりやりましょう。

 

ちなみに初代ドラマージェフポーカロと、2代目ドラマーサイモンフィリップスでは、

ノリもグルーヴも全くもって違い、好みも分かれます。

 

コメント