ルーディメンツはドラムのバイエル

ドラム練習帳

 

たまに言っていますが、やっぱりルーディメンツは大事なわけです。

ルーディメンツは小太鼓(スネア)の基礎でありドラムの基礎なわけです。

もちろん、基礎がなくったってドラムは叩けますよ。

でもね、いつか気づくんです。自分の表現力の無さに・・・・。

 

ドラムはテクニックよりも「リズムが大事だ」「タイム感が大事だ」

「グルーヴが大事だ」などとも言われます。もちろんその通りだと思います。

でもね、これらを表現するにも、ルーディメンツが必要だと私は思うんです。

 

「そんなんできなくても、ドラム叩けるし」という人、まさにその通りです!

でもね、いつか気づくんです。自分の表現力の無さに・・・。(2回目)

 

ある程度叩けるようになってくると、もっとこうしたいとか必ず願望が出てきます。

その時に初めて基礎が大事だと気付くんですよ。

見て覚えたり、聴いて覚えたりすることは出来るけど、

実際にやってみようと思う時、基礎がないとスムーズに動きません。

 

ルーディメンツってのは、手が良く動くようになる為のストレッチであり、

リズム感・タイム感・グルーヴ感を身に付ける練習法であり、

また強弱をつけたり細かいニュアンスを表現できる手段なんです。

 

要するにピアノのバイエルと一緒なわけです。

 

あと、譜面を読む事にも強くなっていた方が何かと良いわけです。

自分のパートの譜面くらい読めないと、カッコもつかないんです。

 

私、小中と吹奏楽に入っていたんですけど、その時ルーディメンツの大事さが

全然わからなくて、相当ナメていたんです。

でも本格的にドラムを始めていくうちに気づいたんですよ。

あの時、ちゃんとやってりゃよかったと・・・(-_-;)

まぁそれから必死こいてやりましたけどね。

若いうちにやれるんだったらやった方がいいですよ。

 

ルーディメンツの教本はたくさんありますが、まぁどれもチョー難しいです・・・。

未だに全部はできないし(-_-;)

DCIM0281

 

やっている最中は、まさに「精神と時の部屋」にいるみたい(笑)

でもね、上手くなりたいなら必須です。

 

練習法はまず手順を確認して、テンポは一番遅くして始める。

慣れてきたらテンポ速くしたり、クリック裏で聴いたりタムに移動したりと

考えればバリエーションは無限!

 

ぜひ、レッツトライなわけです♪

    

 

コメント