ドラムのチューニングうんちく

ドラム練習帳

今日はドラムのチューニングについてです。とっても以前にも書いた気もしますが・・・(笑)

多くの楽器はチューニングという作業をしますよね。

ドラムでも同じようにタム、バスドラ、スネアと、一つ一つをチューニングしていきます。

 

でも、ドラムのチューニングは他の楽器のように、

「ある一定のピッチに合わせなくてはいけない」というような決まりはありません。

ただ一応の基本となるポイントがあるので、それを知っておくと後々便利です。

スポンサーリンク

テンションボルトは均等に締めるのが基本

ドラムのチューニングでは、テンションボルトを締めたり緩めたりしていきますが、

各テンションボルトは均等に締める・緩めることによって、一番自然な鳴り方をします。

その方法としては、ボルトを対角線上に締めていくとか、最初は半回転ずつとか、

親指でテンションを確認するとか、色々ありますがここでは割愛します。

とにかく大事なのは「均等に締める・緩める」です。

表と裏のヘッドのバランスが重要

裏のヘッドは、表のヘッドを叩いた時のアタック音を共鳴させて、

サスティンやピッチを調整する大事な役割をもっていますので、

裏ヘッドのチューニングにも気を使いいましょう。

表側のヘッドがきちんとチューニングされていたとしても、

裏のヘッドのピッチがめちゃくちゃだと音がはっきりせず、

高低が逆に聴こえてしまったりします。

 

表と裏のバランスですが、裏側を高めに張ると適度なサスティンがあり、

オーソドックスなチューニングになります。

逆に裏を低めに張るとサスティンが抑えられて、アタック音が強調された感じになります。

ちなみに僕の場合、裏を少し緩めにして

「とぅー↷ん」といった感じになるようにしてます(笑)

ドラムの一番良く鳴るポイント

ドラムはタムやフロア、バスドラと、それぞれの大きさによって、

一番大きな音の出るポイントがあるので、まずはそこを探し出す事が先決です。

またタムの音程さも同じように探していくと、大体自然に音が決まっていきます。

そしてその音を基本として、微調整をしながら好みの音を作っていくのが良いと思います。

ドラムのチュー二ングポイントまとめ

ドラムのチューニングは、いくつかの基本となるポイントを抑えながら、

試行錯誤を繰り返し、色々と試して経験を積んでいくしかありません。

いずれによ、最終的には「感覚重視」的な部分が多いので、

言葉にして説明するのは難しい・・・・(^^;)

 

自分の好きなジャンルや好きなドラマーの音をひたすら聴いていれば、

自然とそこに合わせられるようになっていきますよ♪

 

コメント