リズムの安定と拍の感覚を見失わないための「チェンジアップ」練習

ドラム練習帳

チェンジアップとはある一定のテンポの中で、音符の細かさを色々と変えていく練習の事です。

ドラムだけでなく打楽器の基本的な練習であり、リズムの安定性が向上し、

音符が変化しても拍の感覚を見失わない感覚が身に付きます。

 

スポンサーリンク

チェンジアップの練習法

チェンジアップの練習法は、1小節ずつもしくは2小節ずつで音符を変えていきます。

また「加速していくパターン」と「減速していくパターン」があり、

最終的にそれらを合わせた練習をしていきます。

4分音符から32分音符への加速パターン

まずは4分音符からどんどん細かく変化していく加速パターンです。

ゆっくりとしたテンポから始め、徐々にテンポアップしていきます。

 

32分音符から4分音符への減速パターン

次に32分音符から4分音符への減速していくパターンです。減速していく方が難しいです。

こちらもゆっくりとしたテンポから始め、徐々にテンポアップしていきます。

 

苦手箇所は重点的に練習する

どちらも途中でつまずく箇所があれば、そこの部分だけ抜粋して何度も練習します。

3連符と16分音符の重なる部分は、特につまずきやすい箇所なので、

スムーズに流れるように繋がるまで重点的に練習をしましょう。

加速と減速を合わせた練習

加速と減速が出来るようになったら、今度は2つのパターンを合わせて練習します。

これもゆっくりのテンポから始め、どんどんテンポアップしていきましょう。

※真ん中のリピートマークを外して行ってください。

 

練習の応用として音符の順番を入れ替えてみたりすると、

実践に向いた効果的な練習となります。

 

実際の曲を演奏していると、様々な種類の音符に臨機応変に対処しなければいけません。

このチェンジアップの練習をしておく事で、4分音符の位置を見失わずに、

またリズムも安定するようになります。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました