ツーバス(ツインペダル)の基礎練習1

ドラム練習帳

ツーバス(ツインペダル)の練習を行う場合には、

取りあえず両足で「ドコドコ踏む練習」というイメージですが、

最初からその方法では、途中で必ず壁にぶつかります。

 

両足ドコドコは一見簡単そうですが、利き足は指令通りに動かす事ができても、

連続した動作を普段からしていなければ、長くは続けられません。

また利き足ではない方は、当然利き足よりもコントロールの性能が落ちるので、

最初はドコドコと出来ていても次第に、利き足じゃない方が遅れてバラけていきます。

 

スポンサーリンク

ツーバス(ツインペダル)の練習は片足ずつから行う

両足のバランスが悪い状態でのツーバス(ツインペダル)は、「速度も出せない」

「リズムはバラつく」「音ムラが酷い」と非常に格好悪く、良いことは一つもありません。

 

ツーバス(ツインペダル)でキレイな連打を目指すのであれば、

両足共に、音量も速度も同じようにコントロールできなければいけません。

その為には左右同じように、ペダルを踏める(足を動かせる)ようにする必要があるのです。

ステップ1「片足ずつでの練習」

まずは片足ずつ、コントロールを身に付けていく練習です。

★練習の目安となるテンポ  ♩=80~150

①RRRR~ ②LLLL~

 

 

初めはクリックには合わせず右足、左足どちらからでも構わないので、

「4分音符→8分音符→3連符→8分音符→4分音符」といった順で繰り返していきます。

慣れてきたらクリックに合わせながら、徐々にテンポアップしていきましょう。

ステップ2「片足ずつのバスドラ連打に手を入れていく」

次は片足ずつのバスドラ連打に、手のリズムを加えていきます。

★練習の目安となるテンポ  ♩=100~150

・足 / RRRR~ 手 / シングル、ダブル、パラディドル(Rスタート、Lスタート) 

・足 / LLLL~  手 / シングル、ダブル、パラディドル(Rスタート、Lスタート)

 

 

初めはスネアだけで行っていき、慣れてきたらタムやフロアに移動したりしていきます。

※リピートマークがついているので、6連符が終わったら最初に戻りますが、

 そのままUターンして16分、3連・・・と戻っていくパターンも良いです。

片足ずつの精度を磨いていきましょう

今回は片足ずつに焦点をおいた基礎練習をご紹介しました。

「4分音符、8分音符、3連符」のシンプルな3パターンですが、

今後両足でドコドコと練習していく際の、基礎的な動きとなります。

 

ステップ1は非常に地味な練習ですが、足だけに集中出来る練習ですので、

じっくりと時間をかけて行うと良いと思います。

特に利き足ではない方は、3連符と8分音符の切り替えがスムーズに出来るように、

様々なテンポで何度も繰り返して、コントロール性能を磨いていきましょう。

 

ステップ2では、片足連打をやりながら手を入れていくパターンですが、

これも簡単そうですが、やると意外とリズムがヨレたりします。

手も足もヨレることなく、しっかりと拍を感じながら練習していくと効果が高まります。

 

今回は「基礎練習1」いわゆる初級編ですので、また続きます♪

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました