アフロキューバンリズムをドラムセットで演奏しよう!

ドラム練習帳

少し前に「アフロキューバン音楽におけるクラーベを考察」という記事を書きましたが、

今回はアフロ・キューバンリズムを、ドラムセットで演奏する場合の

基本的なリズムパターンをいくつか紹介していきます。

 

スポンサーリンク

各パーカッションのポイント抑えたリズムパターン

そもそもアフロ・キューバン音楽では、コンガやボンゴ、ティンバレス、クラーベなど、

様々なパーカッションで構成されて、一つのリズムを作っていきますが、

アフロ・キューバンリズムのドラムパターンは、これら複数のパーカッションの

ポイントを抑えたリズムパターンとなります。

 

その中でも重要となるのが「クラーベ」で、アフロキューバンをドラムで演奏する場合、

必ずしもクラーベのリズムパターンが入っているわけではありませんが、

クラーベを感じやすいリズムパターンが基本となっています。

 

またドラムセットで、クラーベのリズムパターンを演奏する時には、

ハイハットやライドシンバルのカップ、フロアタムの胴、タムタムのリムなどのほか、

ドラムセットにカウベルを組み込んで、クラーベとして代用されます。

アフロキューバン「6/8feel」

6/8フィールは、2つのクラーベパターンが基本となります。

※6/8フィールなので譜面は4/4で表記しています。

 

 

6/8フィールの基本となるドラムパターンは、

クラーベのリズムをライドシンバルのカップで演奏する事が多く、

タムやバスドラなどを加えて、他のパーカッションのニュアンスを作っています。

 

 

6/8フィールでは、以下のようなバリエーションもあります。

特徴としてハイハットでアクセントをつけて6/8フィールを出していきます。

 

カスカラ(Cascara)

「カスカラ」とはティンバレス奏者が、ティンバレスのシェル部分を叩く

リズムパターンの事を言い、おおよそ2つの種類に分けられます。

ドラムでカスカラを演奏する場合、ライドシンバルのカップやリム、カウベルを使います。

 

 

カスカラには「ソン・クラーベの3-2・2-3」

「ルンバ・クラーベの3-2・2-3」のパターンとがあり、

ドラムで演奏する場合には、クラーベのリズムはリムを使って演奏します。

 

カスカラのドラムパターン

ジャズのアフロキューバンでは、4ビートの流れで行う事が多々ある為、

カスカラのリズムパターンを2、4拍でハットを踏んでいる場合が多いです。

 

 

ワワンコー(Guaguanco)

ワワンコーは、ルンバ系統のリズムで、「3-2ルンバ・クラーベ」を

基本としたリズムパターンです。

ドラムのリズムパターンとしては、リムとタムなどで、民族楽器的なアプローチでのパターン、

または、カスカラのリズムを混ぜ合わせたパターンになります。

 

モザンビーク(MOZAMBIQUE)

モザンビークは、ルンバやマンボと同じ、キューバで生まれたリズムです。

モザンビークは、キューバのコンパルサのリズムである「コンガ」が

基になっていると言われています。

 

モザンビークは、「2-3ルンバ・クラーベ」を基本としたリズムパターンで、

ドラムセットで演奏する時には、ライドシンバルのカップを使って演奏する事が多いです。

 

スティーブ・ガッド(STEVE GADD)のモザンビーク

モザンビークのリズムと言えば、一番にスティーブ・ガッドが出てきます。

それもそのはずで、誰よりも早くドラムにモザンビークを取り入れたのが、

スティーブ・ガッドなのです。

 

スティーブガッドは、ドラムセットにカウベルを組み込み、

キーとなるリズムはカウベルで演奏しています。

また特徴として、ハイハットをオープンで4分踏みしています。

ソンゴ(SONGO)

ソンゴは、アフロキューバン音楽の中では、とても新しいリズムで、

1970年代の初頭に誕生しいました。

リズムの特徴としては、ソンやルンバ、モザンビーク、マンボなど、

実に多くのラテン・リズムの要素を含んでおり、おおよそのアフロ・キューバン音楽は

ソンゴのリズムで通す事も可能な万能リズムと言えます。

 

ソンゴの基本ドラムパターンは、ライドシンバルのカップを使って、

4分打ちするのが特徴です。

 

 

ソンゴのキーとなるリズムは、「ルンバ・クラーベの2-3、3-2」

「ソン・クラーベの2-3、3-2」のどちらも核になっていますが、

よく使われるのは「2-3ルンバ・クラーベ」です。

 

デイヴ・ウェックル(DAVE WECKEL)のソンゴ

ソンゴのリズムの代表格といえば、「デイヴ・ウェックル」が挙げられます。

デイヴ・ウェックルは、自身のドラミングにソンゴを取り入れ、

斬新で革新的なドラムアプローチで世界に広めていきました。

 

アフロキューバンの決定版ともいえるドラマー

スティーブ・ガッドもデイヴ・ウェックルも、自身のスタイルとして

ラテンドラミングを世に広めた一流のドラマーですが、

私個人的にキング・オブ・ラテン・ドラマーといえば、

「オラシオ・エルネグロ・エルナンデス」だと思っています。

 

アフロキューバンの本場、キューバ出身のドラマーなので、

ラテン独特のノリからリズムのアプローチの仕方と、

何から何までガッドやウェックルと違います。

また左足でクラーベをやっているのも、他のドラマーとは一味違います。

 

 

今回は大まかではありますが、アフロキューバンのドラミングでよく使われる

基本型のリズムパターンをご紹介しました。

サンバやボサノバは、アフロキューバンではないため、また別に紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました